父よ、あなたは… 3話 ネタバレ【疎遠だった父に、弟は何を思うのか…】

titiyo anataha

沖田×華先生の描く漫画「父よ、あなたは…」。

 

今回は3話ネタバレを紹介しています!

 

父よ、あなたは…⇒1話のネタバレはコチラ!

 

父よ、あなたは…3話のあらすじ

父親から突然送られてきた「青汁」。

そして、その一週間後に知る、父の死…。

 

家族たちは現場を確認したり、警察を呼んだりと大忙し!

 

そして、母が数年ぶりに見た変わり果てた父の姿…。

それは直視できない程ショッキングなものだったようです。

 

でも、検視するためには、親族の立ち合いがどうしても必要との事でした。

 

そこで、母は立会人として、運送業を営む長弟のマサを呼び出すのですが…!?

 

父よ、あなたは…3話ネタバレ

~「父よ、あなたは」 3話 ネタバレ~

 

警察は、父の死亡推定時刻を調べるために、検視を始めていきます。

そこで行われたのは「体温検査」でした。

 

普通なら脇の下や口で調べるのですが、遺体の場合は別でした。

 

なんと、「お尻に水銀の温度計をぶっさす」という衝撃的なものでした。

 

それを間近で見ていたマサは、衝撃を受けるのでした。

 

「まさか、オヤジのケツの穴を見るとは…」

 

それから、改めて父の亡骸や辺りを見回していきます。

 

父は布団の上でうつ伏せで亡くなったようですが、辺りには入れ歯やお弁当箱がすぐそばにありました。

 

なので、恐らく死の直前、夕飯を食べてすぐに布団に入り、入れ歯を外して寝ていたのでしょう…。

 

それに、左手の側にはスマホが落ちていました。

 

きっと、朝にブタローに電話をかけたのが最期だったのかもしれません。

 

それから警察は温度を測り終え、死亡推定時刻を断定したようです。

 

すると、その時刻は朝ではなく午後の6時前後という事でした。

 

マサは、疑問に思い「弟が、朝に電話があったって聞いたんやけど…」と聞きます。

 

しかし、警察が言うには、電話のあった8時間後に亡くなったとの事。

 

死因は「急性循環不全」というものでした。

 

それからマサは再度尋ねます。

 

「じゃあ、その間、親父が生きてたってことは…」

 

「もしかしたら、すぐ救急車を呼んだら助かったってことですか?」

 

警察は「うーん」と考えた後「まぁ、そうかもしれんねぇ…」と答えました。

 

しかし、そうはいっても、もう手遅れなのです…。

 

葬儀屋の手配

検視が終わると、警察はすぐに帰っていきました。

 

後の葬儀の手続きなどは、すべてマサがしなければなりません。

 

その時、マサは×華さんに電話を掛けて、状況を説明しました。

 

その時、父親の顔色が悪くなっている事を伝えました。

 

それを聞いた×華さんは言います。

 

「そんなに親父、顔ひどいが?」

「みんなに見せられんほどやったら」

「ムリに葬式しないで、直葬でよくない?」

 

しかし、マサはこう答えます。

 

「親戚もおるし、そういうワケにもいかんやろ」

 

「それに…」

 

「ちゃんとお経読んで、出してあげたいし」

 

それは涙混じり声でした。

 

なので、葬式をする方向で、とりあえず電話は終わります。

 

その電話越しの弟の声を聴いた×華さんは、「びっくりした…」と思いました。

 

「マサがあんなこと言うなんて…」

「大人になったな…」

 

マサも、長い間、父とは疎遠でした。

でも、元々は父と一番仲が良かったそうです。

 

それに加え、家族の中絵も一番情が厚い人柄だったのです。

 

弟マサの男気!?

それからマサの元に、手配した葬儀屋がやってきました。

 

葬式を行う前に、遺体をセレモニーに安置することになったのです。

 

その為に、父の遺体を運び出す必要があるのですが、葬儀屋は言いました。

 

「それでは今からお父様を運ぶ手配をします。」

「それでは、追加で…」

4万円のお支払いになります。」

 

マサはいきなり出てきた「4万円」という大金に驚き、何の料金なのか尋ねます。

 

その理由は、運ぶための「人件費」という事でした。

 

というのも、父が亡くなったのは2階の部屋なのです。

 

もし、1階の部屋からの運び出しなら、スタッフは2~3人で足ります。

 

ところが、2階から1階への運び出しだと、4,5人のスタッフが必要となるのです。

 

その為、人件費が別途出かかり、4万円の追加支払いが必要との事でした。

 

それを聞いたマサは、今は手持ちがないため、後払いが可能か尋ねます。

 

仮に、コンビニに行かないと払えないので、今すぐに払うことは出来ません。

 

でも、それを伝えると、葬儀屋は言いました。

 

「それじゃあ、ご遺体は運べませんねー」

「今もらわんと困るんです。」

 

そんな葬儀屋の一方的な徴収に、マサはイライラを募らせ、やがて爆発させました。(ちなみに「短気」との事。)

 

なので、マサはキレて、大声で言いました。

 

「わかった!!そっちの手はいらないんで!!」

「要は、1回に下ろせばいいんやな!?」

 

そう啖呵を切った後、何と、90キロ近くもある父を、1人で担ぎ始めたのです!

 

それからドンドンと、一歩一歩強く階段を踏みつけながら降りていきます。

 

そして、息をぜーぜーと荒げながらも、何とか1階まで運んだのです!

 

それから「うおりゃ!!」と、父を投げるように車のタンカへと載せます。(遺体とは言え、かなり乱暴です…。)

 

これには葬儀屋も圧倒されるばかりでしたが、遺体を乗せて帰っていきました。

 

マサは「これで4万円浮いた…」と安堵します。

しかし、疲れからか、足元はおぼつきません。

 

その時、足を滑らせ「あっ!」と転びそうになってしまいました。

そして、目の前に泊めてあった自分の車にぶつかってしまいます!

 

その時、運が悪かったのか、サイドミラーに直撃し、壊してしまったのです。

 

「あっ!!」

「オレのサイドミラーが!!」

 

こうしてマサは、秒速で父親からのバチが当たってしまったのでした…。

 

×華先生と父との思い出

一方その頃。

 

×華さんは、原稿を上げ、喪服やバッグの準備をしていました。

 

次の日は、父の葬儀なので、明日に備えて早めに就寝します。

 

寝る前に、ふと、父の事を考えます。

 

「マサは電話越しで泣いていたけれど」

「私も泣ける事あったかな…」

 

しかし、考えてみてもロクな思い出はありませんでした。

 

しかも、そんな事を考えていたら、なかなか寝付けなかったようです。

 

そんな眠気を抱えたまま次の日がやってきました。

 

そして、これから×華さんにとって、「人生で最も長い日」を過ごすことになるのです…!!

 

~「父よ、あなたは…」4話に続く~

父よ、あなたは… 3話の感想

~父よ、あなたは… 3話の感想~

父との距離感で、だいぶ価値観が変わるなぁと思いました。

 

私は仲はいい方なのですが、その分、亡くなったら悲しみがものすごいと思います。

それはそれで結構辛いし、考えるだけでも切ないです。

 

一方、疎遠というのも、考え方によっては、悲しまずに済むというのもメリットかもしれません。

でも、疎遠は疎遠で、父を知らないという辛さもありますよね…。

 

とにかく、「父」について考えさせられる漫画です!

まとめ

「父よ、あなたは…」3話のネタバレについて紹介しました。

読んでいただき、ありがとうございます!

 

次回は4話を紹介していきます!

 

父よ、あなたは…⇒4話ネタバレ

 

 

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪