父よ、あなたは… 1巻 1話 ネタバレ【15年間音信不通!?父からの贈り物とは!】

titiyo anataha

沖田×華先生の描く漫画「父よ、あなたは…」。

連載中の「不浄を拭うひと」に次ぐ、新連載という事で、期待も高まります!

今回は1話ネタバレを紹介しています!

父よ、あなたは… あらすじ

~「父よ、あなたは…」あらすじ~

それは2017年のとある日から始まります。

沖田×華先生宛に、父親からの小包が届いたのです。

しかも、自宅ではなくて、出版社宛となっていました。

「えっ?なんで」と驚く×華さん。

担当の人も「めずらしいですね」と言います。

というのも、父親とは15年以上も音信不通だったのです。

なのに、突如として、いきなり送られてきた段ボール箱。

「なんか怖いなぁ」

×華さんはそう思いながらも、意を決して封を開けます!

すると、そこに入っていたのは…

「粉末の青汁」

の、サンプルがたったの2つだけでした。

×華さんは「ますますわけがわからない…」と困惑します。

担当さんは「きっと娘の健康を気遣ってるんでしょう」と推理しますが、その意図は父にしか分かりません。

しかし、そんな青汁が、まさか父の「形見」となるとは、この時はまだ誰も知らなかったのでした…。

父よ、あなたは…1話ネタバレ

~「父よ、あなたは」 1話 ネタバレ~

2017年当時から、×華さんは同じ漫画家の「桜壱バーゲン」さんとアパートに同居していました。

なので、×華さんには、桜壱さんにも、父からもらった青汁を見せて相談しました。

「私、今まで1度もお父さんから物を貰ったことないのに…」

「いまさら何でなのかな」

しかし、桜壱さんは「あのお父さんがねぇ…」と言ったきり、それ以上の事は言いませんでした。

×華さんも、父親の意図は分からず、「気味が悪い」という感覚でした。

なので、青汁を飲む気にもならず、部屋にポンと放り投げました。

それから、漫画の執筆にとりかかりながら、ふと、父親の事を考えます。

「そういえば、お父さん、今何やってんだろ…」

そして、×華さんは、先月、金沢に帰省した事を思い返します。

×華さんは、金沢には母親が住んでいるので、年に数回、定期的に会っているのです。

その時、金沢行の新幹線の中で、×華さんは、家族の事をぼんやりと考えていました…。

×華先生の家族事情

×華先生の実家は、もともと、中華料理店を営んでいました。

それから母と父は離婚し、一家は離散しました。

その後、父親は実姉と2人暮らしをしている「らしい」との事でした。

また、×華さんは、父の性格について「しつこい性格だから嫌い」と思っていました。

それに、普段から父については忘れているといってもいいほどで、あまり興味もありませんでした。

しかし、こうして謎の「青汁」が届いた今、ぼんやりと父親の事を考えるようになっていったのです。

青汁が届いて1週間後

父からの小包が届いてから、約1週間がたったころ。

今度は母親からの電話がかかってきました。

そして電話を取ると、母は焦るような口調で言いました。

「大変!」

「お父さん、なんかおかしいみたい!」

それを聞いた×華さんは、少し笑いながら言いました。

「何?いきなり?」

「ずっと前からおかしいやないねか」

しかし、母が言うには、どうやら事態は、思っているより深刻のようでした。

何でも、×華さんの弟(ブタロー)が「父に電話をかけても、繋がらない」と言っていたのです。

しかも、父親は電源を切ったままでいるようでした。

それを聞いた×華さんは、「えっ!?」と驚き、事態の重さを感じます。

実は、父親は離婚してから、極度の寂しがりになり、昼夜問わずに、異常なほど電話をかけてくるようになったからです。

つまり、「電話魔」といえる父の電話が繋がらないという事は、何かがあったとしか思えないのです。

×華さんはそれでも、1週間前に青汁を送ってくれたばかりなので、「よほどのことはない」と思っていました。

しかし、母があまりにも心配するので、こんな提案をします。

「じゃあ、私が実家の店に電話かけてみるわ」

「おばちゃん(父の姉)がいるやろ」

それから実に17年ぶりとなる家に電話をかける×華さん。

しかし、すぐには出ず、かけ続ける事、30分…。

ようやく電話が繋がり、おばちゃんが出てくれました。

それから×華さんは「お父さん今何しとる?」と何気なく尋ねるのですが…!?

父の安否はどうなる!?

父の安否を尋ねると、おばちゃんは言いました。

「ああータカシさんね」

「死んどるわ」

・・・

衝撃的な言葉に硬直してしまう×華さん。

「は?」

「いつ?」

おばちゃんは、困った様子で「えーっとねぇ、今も死んどる」と答えるばかり。

×華さんは驚きすぎて、「えー!?」と大声を上げますが、おばちゃんはあまりピンと来ていないようでした。

「なんで!?」と聞いても「さぁ…」としか答えず、「119番のボタンを押して」とお願いしても、よく分からないそうです。

実は、おばちゃんは認知症のため、言葉も状況も分かっていなかったのです。

しかし、亡くなっているのは恐らく事実であるため、×華さんは慌てて母親に電話を掛けました。

母も驚き、慌てふためきながら、警察やら119番やら、ブタローへの連絡や移動の準備などに取り掛かっていきます。

それから×華さんは、桜壱さんにも、父が亡くなったかもしれない事を告げ、母からの連絡を待つことにします。

それからしばらくして、母からようやく電話がかかりました。

「オカン、どうやった?」

すると、母は、取り乱しながら言いました。

「今救急の人に聞いたら…」

「やっぱり家の中で亡くなっとるんやって!」

×華さんは「…ウソやろ…?」とつぶやきながら、父からの小包を抱えて呆然とするのでした…。

~「父よ、あなたは…」2話に続く~

父よ、あなたは… 1話の感想

~父よ、あなたは… の感想~

×華先生の家族事情や、突然のお父様の訃報を知るという、状況がリアルに描かれていました。

15年という長い期間、音信普通という事だったお父様。

いったい、なぜ青汁を送られたのでしょうか…。

やや複雑な関係なだけに、×華さんが何を思い、これから何を描いていくのか、非常に気になる漫画です。

しかし、一番下の弟さんのブタローというあだ名はちょっとかわいそう。

(一番お父さんと仲が良かったそうですが…)

まとめ

titiyo anataha1

 

「父よ、あなたは…」1話のネタバレについて紹介しました。

次回は2話を紹介していきます!

 

父よ、あなたは…⇒2話ネタバレ

 

 

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪