妊娠したら死にたくなった 7話 ネタバレ 【閉鎖的で地獄のような日々】

ninsin sitara6

橘ちなつ先生の描く漫画「妊娠したら死にたくなった」。

今回は7話のネタバレを紹介しています!

 

妊娠したら死にたくなった⇒全話ネタバレまとめはコチラ!

妊娠したら死にたくなった 7話 あらすじ

精神科閉鎖病棟に入院した千夏。

 

しかし、回復するばかりか、むしろ症状は悪化していくようでした。

 

相変わらず、原因不明の、湧き上がってくる興奮感と、焦燥感。

 

その苦しみのあまり、千夏はまさに発狂寸前でした。

 

そんな千夏に対し、主治医の先生は、「気の持ちようや、考え方が幼いから」という理由で突き放します。

 

しかし、世の中にはそういう大人もいるのに、なぜ自分は死にたくなるほどの苦しみを味わわないといけないのか…。

 

千夏は考えながらも、答えはすぐには出せず、今日も地獄の一日が始まるのでした…。

 

妊娠したら死にたくなった 7話ネタバレ

~妊娠したら死にたくなった、7話のネタバレ~

 

精神病棟での何度めかの朝を迎える千夏。

 

朝は決まって、デイルームのテレビから流れてくる連続ドラマの主題歌が流れてきました。

 

その歌は明るく、爽やかな歌声なのですが、千夏にとっては苦痛以外の何物でもありませんでした。

 

そんな最悪の目覚めの中で、千夏はゴソゴソと自分の荷物から「エプロン」を取り出し、トイレへと向かうのですが…!?

 

自らの首を絞める!?

なんと、千夏は、個室のトイレの手すりにエプロンを結びつけ、首を吊り始めたのです!!

 

しかし、苦しさは感じるものの、意識が飛ぶ事もなく、どうすれば「早く楽になれるのか」試行錯誤していきました。

 

本来であれば、こうした自殺行為を防ぐために、布などの持ち込みは禁止されています。

 

けれど、千夏の持っているエプロンは、院内での検査の時に必要なのもので、持ち物検査をクリアしました。

 

なので、千夏はバレることなく、毎朝のように、この行為を繰り返し続けているのでした。

 

(結局、未遂に終わるのですが、その理由は病状が強くなり、自殺どころではなくなるからです。)

 

それから千夏は朝食を食べるのですが、座っていられず、青ざめた顔でカタカタと震えながら、食事をこぼしていきます。

 

その様子を見た他の患者さんの1人は、拭くものを持ってきてくれたり、優しくしてくれます。

 

しかし、そんな患者さんの首にも、千夏と同様の「首を吊った跡」が残っていたのです…!

 

薬の時間

朝食の後は、薬の時間がやってきます。

 

薬が出るのは、毎食後と寝る前の計4回で、看護師の前で飲み干さなければなりません。

 

しかし、そんな薬も、千夏にとっては気休め程度で、全くと言っていいほど効き目がありませんでした。

 

なので、千夏は自主的に別の薬を貰いに行くのですが、タイミングによっては待たされる事もしばしば。

 

症状が苦しいのに、さらに待たされるとなると、頭が壊れそうなほどの苦痛が襲い掛かります。

 

すると、千夏と同じように、薬を待っている患者さんがいて、声をかけてきました。

 

「待たされるの、辛いよね。」

「ちょっとだけ歩かない?」

 

そんな患者さんの名前は、Kさん。

 

Kさんと千夏は年も近いため、話しやすい相手でした。

 

Kさんも特に見た目でおかしい様子はないのですが、「強迫性障害」という症状を持っていました。

 

不快・不安な気持ちが付きまとう、という「強迫観念」に晒され続けているのです。

 

また、Kさん以外にも、この病院には、うつ病や統合失調症など、精神疾患の方々がいました。

 

千夏とKさんは、廊下を歩きながら、「おーい」という叫び声を耳にします。

 

この声の主は「おーいおじさん」と呼ばれていて、毎日のように叫んでいるのでした。

 

また、「殺しておばさん」という人もいて、彼女もまた同じように叫ぶのでした。

 

そんな2人の声を聞いて、千夏は、また別の苦しみを覚えるのです…!

 

精神病院からの脱走!?

「ここにいても、治らない…」

 

千夏はそうつぶやき、Kさんを残して、1人で走り去っていきます。

 

それから部屋につき、「早く帰らなきゃ…」と、荷物をまとめ始めたのです!

 

その様子を目撃した看護師は「何してるの!?」と驚きます。

 

千夏は、「あの、私なんかもう元気になったので、帰りますね」と、平静を装いながら言いました。

 

それから、外に出るための鍵を開けるよう、要求します。

 

もちろん、看護師は制止し、呆れた様子で「誰か来てくれるー?」と助けを呼びます。

 

ところが、千夏は暴れだして、看護婦から鍵を奪おうとしたのです!

 

しかし、そんな千夏は他の看護師たちに取り押さえられ、大騒ぎとなりました。

 

そこへ主治医の宇田川が現れ、慌てる様子もなく、ナースから状況を確認するのですが…。

 

千夏の叫び

千夏は「自分はこんなところにいたら人間じゃなくなる!」と主張しました。

 

しかし、それに対して宇田川は「人間として扱って欲しいのなら、まず自分のベッドで大人しくすることを覚えなさい」と言いました。

 

さらに「それが出来ない人に施す治療なんてない」と付け加えます。

 

それを聞いた千夏は、心の中で反発しました。

 

「(治療なんて、最初から精神病棟にはないくせに)」

「(力や言葉で押さえつけて、医者も看護師も冷淡で、まともに話も聞いてくれない)」

「(こんなところが大病院の医療現場だなんて知らなかったよ)」

 

それから千夏は笑いだして言いました。

 

「はは、おかしくなった人間には何を言ってもいいと思ってるんでしょう?」

「何をしてもいいと思ってるんでしょう!?」

 

そう言いながら、大声で笑いだした千夏に、主治医は「仕方ないな…」とため息をつきました。

 

それから、ぐっすりと眠り始める千夏の元へ、旦那の涼太が様子を見に来ました。

 

千夏の眠る顔は安らかなので、「いつも寝不足でツラそうだったから良かった」と安堵します。

 

ところが、千夏に使われている天敵を見て、血相を変えました。

 

「は?なんだこの処方…」

「なんでこの薬が千夏に使われているんだ!?」

 

目を疑う夫。

 

果たして、千夏に与えられた処方とは…!?

 

~8話に続く!~

妊娠したら死にたくなった 7話の感想

~妊娠したら死にたくなった 7話の感想~

 

精神病患者に対する、看護師たちの優しさは全くと言ったほどありませんでした。

 

千夏の言う通り、人間として扱っていないのでしょうか…。

 

逆に、真面目に取り合わない事が治療とでもいうのでしょうか?

 

そもそも治療がある事すらも、分からないところが、恐ろしいところです。

 

前回も「気の持ちよう」なんて言葉が出ましたが、じゃあ精神病院の役割って何なのって感じです。

 

まさか、患者を治療に向ける事ではなく、収容する事だけが目的だったらと思うと、本当に救いがありません…。

 

次回は、さらに悪化していく千夏の姿が描かれて行きます…。

 

妊娠したら死にたくなった⇒ 8話ネタバレ

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪