父よ、あなたは… 2話 ネタバレ【父の検視!?沖田×華先生の家族事情!】

titiyo anataha

沖田×華先生の描く漫画「父よ、あなたは…」。

 

父親をテーマにした、家族の物語がここにありました。

 

今回は2話ネタバレを紹介しています!

 

父よ、あなたは…⇒1話のネタバレはコチラ!

父よ、あなたは…2話ネタバレ

~「父よ、あなたは」 2話 ネタバレ~

 

今回は、×華先生のお母さん視点でお話が描かれて行きます。

 

前回、×華さんが母に「父の死の報せ」の電話を掛けた直後に、話はさかのぼります。

 

母は救急車や警察などを手配した後、息子(末弟のブタロー)を車に乗せて、父の住む「魚津(富山県)」へと向かいました。

 

その道中も、母は慌てて「信じられんちゃー!」「なんで急にしんだんけー!?」と取り乱していました。

 

そこで、日ごろから父と連絡を取り合っていたブタローに、詳しい事情を聴くことにするのですが…!?

 

弟のブタロー

ブタローは、母の質問に、「ん~」と言いながら、思い出そうとしていました。

 

「んーとな、いつかな…」

「朝かかかって来たんやけど」

「ボク、寝ぼけとったのね…」

 

そうのんびりと答えるブタローですが、実は、彼は小学生時代は不登校児でした。

 

また、両親が離婚するまで実家に引きこもりの生活をしていたのです。

 

そして、離婚後は、精神障害者手帳を取得し、母と一緒に金沢で暮らしていました。

 

その間も、父とは頻繁に連絡を取り合い、小遣いをもらったり、一緒に出かけるなどして、唯一、定期的に会っていたのでした。

 

今ではブタローは母の元を離れ、×華先生が買ったマンションに1人で暮らしています。(母は週に2日のペースで様子を見に来てくれるそうです。)

 

そして、父が亡くなる直前にも、彼の元に連絡があったそうなのですが…!?

 

父の最期の言葉

ブタローは、父の最期の電話に出ました。

 

ところが、その時、ブタローは爆睡していて、ほぼ寝ぼけていた状態だったのです。

 

頭もしっかりとしていませんが、「もしもし?」と用件を聞きます。

 

すると、父は苦しそうに「フーフー」と息を荒げながら言いました。

 

「今すぐ車で来て…」

「えらい…(しんどいの方言)」

 

ただならぬ様子でしたが、ブタローはボーっとしながら「えー?ムリだよ」「ボク免許もっとらんもん」と、眠そうに言いました。

 

さらにブタローは「えらいんなら、救急車呼んだら?」と提案します。

 

ところが、父親からの返事はなく、ピタっと喋らなくなってしまったのです。

 

通話は繋がっているので、ブタローは少し心配になりました。

 

でもすぐに電話を切り、「ま、いいか。」「あとでかけ直そう」と思って、再びゴロンと寝転がってしまうのでした…。

 

激怒する母

そんなブタローの話を聞いた母は「っていうかなんでそこで電話切ったんけ!?」と激しくツッコミを入れました。

 

するとブタローは「お父さん寝落ちしたと思って」と答えます。

 

また、すぐに母親に連絡をしなかったのも、「朝まで夜勤で忙しいと思ったから」だそうです。

 

なので、母が「父の電話が繋がらない」という事を知ったのも、かなりのタイムラグがありました。

 

そこで母は思います。

 

「いつ死んだんやろ…?」

「あの人、しぶといから簡単には…」

 

車中で、そんなやり取りがありながらも、ようやく魚津へと到着しました。

 

すると、家の前にはすでにパトカーが止まっていて、家の中に入っているようでした。

 

なので、母たちも家の中に入っていくのでした…。

 

父の遺体

家に入ると、警察の方が「どうも。身内の方ですか?」と出迎えてきました。

 

そこで、2人は簡単に挨拶をすると、本当に父が亡くなっているという事実を知らされます。

 

それから「検視しないとダメです」という事を言われました。

 

どうやら、自宅での不審死であるため、事件性があるかを調べる必要があるそうです。

 

その検視をするためには、家族の立ち合いが必要だと、規則で決まっているのでした。

 

なので、母が立会人として、検視を見届けることになりました。

 

母は父の遺体のある部屋の前まで連れていかれますが、すでに何やら強烈な臭いを感じます。

 

そして、意を決して遺体のある部屋に入り込んだ瞬間…。

 

母の心臓は「ドクン」と跳ね、一瞬で顔は青ざめていきます。

そのとたん、顔を背けて、瞬間的に走って逃げ去ってしまったのです。

 

それから、ふさぎ込んで、ガタガタと廊下で震えながら言います。

 

「見れません…」

「…ムリ…」

 

「あれが…お父さんなん…?」

「怖い…怖くてとても見れません…」

 

母はすっかり恐怖して、心が折れてしまったようでした。

なので、立ち合いを拒絶し、×華さんに電話を入れるのでした…。

 

検視の立会人は誰?

母からの電話を聞いた×華さんは言いました。

 

「え?立ち合い無理って…」

「そんなにひどい状態なんけ?」

 

母は、直接見たわけではないようでしたが、臭いや雰囲気が恐ろしくてたまらないようでした。

 

なので、長弟(一番上の弟)のマサに検視に立ち会ってもらうという事になったのです。

 

それから電話を切った後、×華さんは、呆然としてしまいました。

 

15年も音信普通とはいえ、まさか、自分の父親の遺体が腐っているとは…。

 

それに、遺体が腐敗臭を放つなんて、どれだけ放置されていたというのでしょうか…。

 

その答えは、検視をしてみなければ分かりません。

 

そして、ようやく長弟のマサが現れ、これから検視が始まっていくのでした…!

 

~「父よ、あなたは…」3話に続く~

父よ、あなたは… 2話の感想

~父よ、あなたは… 2話の感想~

 

×華先生の人生は、経験できないものに溢れているような気がします。

ハッキリ言って、壮絶です。

 

それを漫画として明るく描けるなんて、精神力がものすごいと思います。

 

絵の中ではワチャワチャとしていますが、本当はもっと大変だったはず…?

 

読者にとっては、読むことで感じ取る事しか出来ませんが、色々想像してしまいます。

 

まとめ

「父よ、あなたは…」2話のネタバレについて紹介しました。

次回は3話を紹介していきます!

 

父よ、あなたは…⇒3話ネタバレ

 

 

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪