妊娠したら死にたくなった 10話 ネタバレ 【千夏に回復の兆しが…!?】

ninsin sitara6

橘ちなつ先生の描く漫画「妊娠したら死にたくなった」。

今回は10話のネタバレを紹介しています!

 

妊娠したら死にたくなった

全話ネタバレまとめはコチラ!

妊娠したら死にたくなった 10話 あらすじ

精神病棟に入院した千夏。

 

そこには、千夏の苦しみだけでなく、その側にいる夫の涼太の辛さもありました。

 

妻の面倒を見つつ、子育てに励んでいく涼太…。

 

しかし、どんなに辛くても、その先にある幸せを見据えて、突き進むしかありませんでした。

 

すると、回復する様子のなかった千夏の体調に、少し変化がみられていき…!?

 

妊娠したら死にたくなった 10話ネタバレ

~妊娠したら死にたくなった、10話のネタバレ~

 

精神病棟では、千夏と友達のKさんが、何気なく会話をしていました。

 

その内容は、ちょうどこの病院を退院していく患者さんについてでした。

 

「いいなぁ、退院」と、千夏は羨ましそうに言います。

 

その退院した患者さんは「外泊」が成功し、自他ともに「大丈夫」であることが認められたからです。

 

なので、Kさんは千夏に言います。

 

「ちなっちゃんも、外泊してみたら?」

「退院へのいいきっかけになるかもよ?」

 

また、Kさんは入退院の仕組みにも詳しく、さらにこう言いました。

 

「ちなっちゃんの場合は、旦那さんに入退院の決定権があるでしょ」

「だから、外泊してみて、旦那さんが”大丈夫そうだ”って思ってくれたら、退院できるんだよ」

 

それを聞いた千夏は「知らなかった、退院を決めるのは主治医なんだと思ってた」という、新たな気付きがありました。

 

一刻も早く病院から出たい千夏にとって、それは耳寄りな情報だったのです。

 

そして、それをきっかけに、千夏は、外泊と退院への可能性を募らせていくようになるのです…!

 

退院へのチャンス!

しばらくの間、一向に回復しなかった千夏の体調。

 

ところが、ある時から千夏は、周りから「調子がよさそう」と言われるようになっていました。

 

とはいえ、千夏としては、あまり自覚がありませんでした。

 

脚だってまだ勝手に動くし、体も心もソワソワしているからです。

 

けれど、「そういえば、最近、夜も眠れているかも…」と、思い直します。

 

それに、昔ほど廊下を歩く回数も減ったし、抗不安剤の注射の回数を減ったことを思い出します。

 

「もしかして、私、良くなって来てるのかな?」

 

そう考えた時、千夏の心は少し踊り始めました

 

「正常に戻ってきてる…!?」

「もしかしたら、このまま快方へ向かうのかも…」

 

そう信じようとした千夏は、「外泊」という希望を胸に、主治医の元に向かうのでした…!

 

外泊の許可は下りるのか!?

千夏は、主治医に対して、「今週中に外泊する許可」が貰えるか、相談しました。

 

すると主治医は、「旦那さんが何と言っているのか」を聞きました。

 

千夏は、「私が大丈夫そうならいいよって…」と答えると、主治医も特にいう事はないようでした。

 

先ほどのKさんの言う通り、入退院の決定は、旦那さん次第だった、というわけです。

 

もちろん、涼太はそうすんなりとOKは出さず、やや慎重だったようですが、千夏に押し切られる形だったようです。

 

しかし、これにて外泊が決定し、千夏は一時的に家に帰る事が出来るようになったのです!

 

そして、千夏を送り出す際、主治医は言いました。

 

「以前からは眠れている様子だと聞いているので、薬は合ってるみたいですね」

「正直期待してなかったのですが、ラクになっているなら何よりです。」

「週末、気をつけて行ってきてください。」

 

今まで冷淡な発言ばかりの主治医でしたが、意外に優しい言葉が聞けたのでした…。

 

念願の外の世界

主治医は最後に、毎食後の薬も渡し、千夏はお礼を言います。

 

それから涼太の迎えが来て、病院を出る千夏。

 

そして、久しぶりに外の世界に出ることが出来たのです!

 

千夏は、「すごい!やっぱり世間は夏なんだ!」と感動を覚えます。

 

それから涼太の車に乗り込むのですが、もちろん、完全に不安が消えたわけではありません。

 

むしろ、不安材料の方が多いわけで、千夏の外泊は本当に良かったのかは分からないいのです。

 

それは涼太も懸念しているので、千夏にこう言いました。

 

「今ながらまだ引き返せるけど…」

「無理そうだなって俺が思ったら、病院に戻るからね」

「千夏もしんどくなったりしたら、すぐに言うんだよ?」

 

千夏は「…うん!」と答え「成功させて、退院への足掛かりにするんだ!!」と心に誓うのでした。

 

千夏の体調は戻ったのか…!?

家に帰った千夏は、両親に迎え入れられ、安堵感と安らぎを覚えます。

 

「(なんてあたたかいんだろう…)」

「(ずっとここにいさせてほしい)」

 

そう思っていると、涼太の母が、息子の翼を連れてやってきました。

 

すると、家中に翼の泣き声が響き渡り、一気ににぎやかになりました。

 

それから涼太は、千夏に抱っこさせるように言いました。

 

しかし、あれだけ拒絶した我が子を、再び抱くことが出来るのか…。

 

千夏は、「(涼太ちゃんはきっと私を試している)」と思いました。

 

けれど、千夏はそのプレッシャーをはねのけ、優しい笑顔で抱き上げ、ミルクをあげる事にも挑戦したのです。

 

その姿を見た全員は、誰もが安堵した事でしょう。

 

しかし、千夏の本心は全く変わっていませんでした。

 

「(ねえ、本当に”これ”が可愛いの?)」

「(生ぬるい体温、甘ったるいにおい)」

「(みんな本当に心の底から可愛いと思えているの?)」

 

千夏の体調は、良くなってなどいなかったのです。

 

でも、千夏は退院するために「体調が良くなった姿」を涼太に見せる必要があったのです。

 

「もう病院に戻りたくない」という一心で、息子を利用したのです。

 

なので、一日を平和に見せかけて過ごした後、千夏は涼太に言います。

 

「私にとっての一番の薬は、涼ちゃんと翼だってことが分かった」

「だから、家族と過ごしながら療養したい。」

「翼を抱っこしてみて、一日でもこの子の成長を見逃したくないって思った」

 

涼太は、その言葉を聞いて、拒否することなどありえませんでした。

 

むしろ、その言葉は、涼太が「退院」の判断を下すに十分だったのです。

 

そして、涼太は主治医に相談し、千夏の思惑通りに事が運びます。

 

こうして、千夏の退院は本当に決定し、精神病棟に別れを告げたのです!

 

千夏は「こんなところとは絶対に関わり合いになるもんか絶対に絶対に絶対に絶対に」と、内心で思います。

 

しかし、涼太や家族、主治医の目を欺いた千夏の罪の代償は、大きいものだったのです…。

 

~11話に続く!~

妊娠したら死にたくなった 10話の感想

~妊娠したら死にたくなった 10話の感想~

 

本来なら、「退院おめでとう!」と言いたいところですが、全然違いました。

 

体調が良くなっていないのに、嘘をついてしまうとは…。

 

涼太も、それでも疑いの気持ちはあったかもしれませんが、千夏の言葉を信じるしかなかったのだと思います。

 

それに、それほどまでに精神病棟にいるのが苦痛な千夏を見れば、それも仕方がないですよね…。

 

それに客観的に「良くなっている」と言われていたのだから、回復の見込みもなくはなさそうです。

 

果たして、この結果はどうなってしまうのか…!?

 

次回は、11話のネタバレをしていきます。

 

妊娠したら死にたくなった⇒ 11話ネタバレ

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪