夫の扶養から抜け出したい 2話 ネタバレ 【八方塞がりのももこ】

huyonuke

ゆむい先生の描く漫画「夫の扶養から抜け出したい」。

今回は2話ネタバレを紹介しています!

 

夫の扶養から抜け出したい

プロローグはコチラ!

【ふよぬけ】 夫の扶養から抜け出したい~専業主婦の挑戦~ ネタバレと感想

夫の扶養から抜け出したい 2話のあらすじ

ももこと夫のつとむとの仲は、徐々に険悪になっていきました。

 

夫の言い分としては「僕は辛くて嫌な仕事を頑張っているんだから、ももこは家事をやれ!」という事でした。

 

一方、ももことしては、家事と育児の両立は大変だから、少しくらい手伝って欲しいだけなのです。

 

しかし、それを訴えても聞き入れてもらえず、ももこは感情的になってしまいました。

 

それがまたつとむの怒りを買い、こう言い返されました。

 

「そんなに家事が出来ないっていうなら、僕と同等稼いでみなよ!!」

 

衝撃的なセリフ…。

 

それでもつとむの怒りは収まらず、さらにキツイ事を言い始めるのです…。

夫の扶養から抜け出したい 2話のネタバレ

つとむは言いました。

 

「ももこは努力が足りないんだよ」

 

そういって、散らかりっぱなしの部屋を見て言います。

 

「今までどんな努力をしたの?」

「それが証明できないんなら、努力していない証拠」

 

これだけでもかなりキツイですが、最後につとむは言いました。

 

「ただの甘えだよ」

社会人失格

 

このとき、ももこは理解しました。

 

つとむが自分に求めているのは「家事を完璧にする」「しっかり仕事をする事」のどちらかという事を…。

 

ももこは働けるのか?

確かに、つとむの言っている事も分からなくはありません。

 

そこでももこは考えます。

 

「私…働ける…?」

 

かつて、ももこが20代の前半の頃は、漫画家のアシスタントとして、読み切り作品を執筆し続けていました。

 

しかし、連載は出来ず、さらに家事と子育てに追われている今となっては、漫画の仕事を再開する自信はありませんでした。

 

また、ももこにとっての社会人経験はそれだけなので、「正社員としての就職」をしたことがないのです。

 

なので、今さら就活をしても、子持ちの主婦である自分を雇ってくれるとは思えなかったのです。

 

さらには、仮に就職できても、夫の転勤の可能性もあるため、いつまで続けられるか分かったものではありません。

 

就職は難しい、けれど、現状の家事も大変…。

かといって、夫は厳しくて頼れない。

 

そしてももこは、

「家事」「仕事」「子育て」

この3つのワードに、苦しめられていくのでした…。

 

かつての同級生に相談

深い悩みを抱えたももこは、ある日、同級生の2人と食事をしながら、夫の愚痴を言い始めました。

 

そこで、つとむの暴言を知った友人たちは、「えー…」とドン引きしていました。

 

友人の内、気の強いエミは「そんな事言われたら、そっこー離婚するわ」ときっぱりと言います。

 

一方、おっとりワークママのひとみは、「つとむさん、ちょっとお酒を飲みすぎちゃったのかな…?」とやんわりとフォローします。

 

そんなひとみの方は、共働きの生活も順調のようで、産休や育休を取りつつ、仕事を両立しているようでした。

 

それを聞いてももこは、「そっか…すごいな…」と感心するとともに、自分と比較してしまいました。

 

実際、ひとみもエミも、学生の頃からしっかりしており、すぐ内定を取っていたのです。

 

なので、ももこからみれば、「新卒で就職」という経歴がまぶしいほどでした。

 

しかし、そんなひとみにも、愚痴はありました。

 

例えば、娘が熱を出した時なんかは、決まって自分ばかりが仕事を休まなければいけないからです。

 

旦那も共働きなのに、「会社に迷惑はかけられないよ…」と言って、休む気はなさそうなのです。

 

そんな愚痴をこぼすと、おっとりのひとみでも「なんか腹立ってきたぞ…」と怒りを燃やしていきます。

 

ももこは、「正社員でも大変そうだな…」と、色んな意味で苦労を感じました。

 

それからエミは、ももこに、こう尋ねてきました。

 

「ももこはさぁ、なんで結婚したの?」

「結婚する前に見抜けなかったの?」

「つとむさんの話聞いてると、不思議に思う」

 

ストレートすぎるエミの発言に、ももこはおずおずと答えていきます…。

 

つとむに対する意見

ももこは言いました。

 

「なんでって…」

「優しくて頼れる人だなーって思ってた…から…」

 

そう答えると、少し重い空気になったので、すかさずひとみがフォローします。

 

「つとむさん、土日は子供と遊んだりしてくれるんだよね!」

 

そう、意外と子供の前では良いパパで、息子も「パパだいしゅき!」と笑顔で言うほどでした。

 

しかし、空気がほぐれたところで、エミがまたバッサリと切ります。

 

「でも保育園はももこに丸投げだったんでしょ」

 

この発言で、再び重い空気が流れました。

 

それから続けてエミは言います。

 

「もし、ももこがつとむさんと同額稼いだとしても…」

「つとむさんは絶対家事やらないよー」

 

それを聞いて、ももこは考えます。

 

確かに、エミの言う通りかもしれません。

 

でも、それはあくまで「もしもの話」。

 

仮にそうだとしても、「もしも」でつとむを強く非難することは出来ないのです。

 

それに、こうして愚痴を言いながら友達と食べているランチ代は、夫が稼いできたお金なのです。

 

そう考えると、ももこは不満や怒りはあるものの、そのはけ口を見失い、黙り込んでしまいます。

 

そこへ、すかさずエミは言いました。

 

「私だったら相手が謝るまで、反論してねじ伏せる」

「黙ってちゃ負けだよ」

 

そう言いつつも、内心では、

「(そもそも私ならそんな男と結婚しないわ)」

と思いました。

 

それからエミは、気を遣いながらもまたキッパリと言います。

 

「その、子供の前で聞くのもアレなんだけど…」

「離婚…とかは考えてないの?」

「ちょっと心配だよ」

 

しかし、ももこは思いました。

 

「離婚なんて出来るわけないじゃん」

 

収入ないのに

 

こうして、解決策の見当たらないももこは、夫に対する愚痴を言う事すらも出来なくなってしまったのです…。

 

~3話に続く~

夫の扶養から抜け出したい 2話の感想

読めば読むほど、事情は思いのほか複雑でした。

 

最初読んだときは「つとむ最低じゃん!」と思って単純にイライラしながら読んでいました。

 

でも、冷静に何度も読み返していると、つとむも、ある意味正論を言っているように見えました。

 

だからこそ、ももこは何も言い返せず、さらには仕事も家事も育児も、果ては「離婚」も出来ず、八方塞がりとなっているのでしょう…。

 

そんな風に、困っている妻を支えるのも、夫の役目でもあると思うんですけどね…。

 

そういう意味では、つとむにも難ありとも言えます。

 

それに、言い方がキツイのと、上から目線のせいで、発言にイラっとさせられるのがむかつくポイントなんですよね。

 

言っている事は間違ってないけど、言い方が気にくわないというやつです。

 

これによって、ももこの不満に、より一層拍車をかけていくわけですが、果たしてどんな展開を迎えるのでしょうか…!?

「夫の扶養から抜け出したい」2話 まとめ

「夫の扶養から抜け出したい」2話のネタバレについて紹介しました。

 

次回は2話を紹介していきます!

 

夫の扶養から抜け出したい⇒3話ネタバレ

夫の扶養から抜け出したい 3話 ネタバレ 【妻の収入は少ない…?】

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪