妊娠したら死にたくなった 6話 ネタバレ【精神科閉鎖病棟の闇】

ninsin sitara6

橘ちなつ先生の描く漫画「妊娠したら死にたくなった」。

今回は6話ネタバレを紹介しています!

 

妊娠したら死にたくなった⇒全話ネタバレまとめはコチラ!

妊娠したら死にたくなった 6話 あらすじ

千夏は、31年生きてきて、「普通」の人間だと思っていました。

 

普通と言うのは、人並みに仕事をして、結婚して、子育てをして…、という暮らしが出来る事。

 

もちろん、短所だってたくさんあっても、千夏は「常識」の範囲内で、世間に適合してると思っていました。

 

それなのに今は、全く「普通じゃない世界」にいました。

 

その世界の名は「精神科閉鎖病棟」。

 

自分には「一生縁がない場所」と、当たり前のように思ってきたのに…。

 

妊娠したら死にたくなった 6話ネタバレ

~妊娠したら死にたくなった、6話のネタバレ~

 

千夏は、今や死にたがりとなり、発狂寸前でした。

 

大声で「ころしてぇ!」と叫ぶのです。

 

そんな我妻を見た涼太は、懸命に励まします。

 

「落ち着け」

「そういう事を口にしちゃダメだ」

「大丈夫!必ず治るから!!」

 

閉鎖病棟での千夏の症状は、良くなるばかりか、むしろ悪化していました。

 

ここに来て1週間ほど経ちましたが、興奮感や焦燥感、そして、勝手に動く両足に死ぬほど苦しめられていたのです。

 

実際、千夏自身もこの時の記憶は断片的と言えるほどで、このシーンは夫の証言をもとに描かれたそうです。

 

しかし、はっきりと覚えている事も多々ありました。

 

例えば、看護師の対応です。

 

看護師はいくら大暴れして叫ぶ千夏を見ても、冷淡に対応していました。

 

そればかりか、勝手に動く千夏の足を抑えて「ほら!ダンダンしない!他の患者さんの迷惑になるでしょう!」と、キツめに言いました。

 

実際、他の患者さんも、千夏がうるさいことに対して文句を言っているのですが、思いやりなどは全くないようでした。

 

しかし、そんな看護師の対応は、無理もないことでした。

 

例えば、他の患者といえば「おーいおーい」と、何時間も叫ぶ男性もいます。

 

そういった人たちを対応するためには、看護師は、冷徹さを持っていなければならないのです…。

 

精神閉鎖病棟の様子

さて、そんな閉鎖病棟ですが、千夏のいたフロアは、日の光が全く差し込むことがない作りとなっていました。

 

しかも、病院の一番奥にあり、「世界と断絶された異空間」のように感じられるのでした。

 

なので、千夏は「元の世界に帰りたい」と必死になり、隔離するドアをダンダンと叩き、叫ぶのです。

 

「もうここはイヤだよ!」

「出して!ここから出して出して!!」

「なんで私こんなところに、いなくちゃいけないの!?」

 

そういう千夏は、あっという間に看護師に取り押さえられます。

 

さらに、看護師はあざ笑うかのように言いました。

 

「それは十分お前も”こんな場所”にふさわしい人間だからだろ」

 

「お前」という耳を疑うよな発言ですが、千夏はハッキリと覚えているのです。

 

ここにいる看護師は、千夏の知っている優しい看護師とは全く別の人たちだったのです。

 

それから、千夏は注射をされ、無理やり寝かしつけられました。

 

さらに看護師は言います。

 

「これ以上暴れると、身体抑制することになるからね?」

「イヤでしょ?縛られるの」

 

それを聞いて、なおさら千夏は、「ここから抜け出したい」と思うのでした。

 

精神科の闇?

そこで千夏は、主治医の宇田川先生に、「いつ病院から出られるか」を尋ねます。

 

また、勝手に動く足が辛くて、脚の検査をしてほしいことを伝えるのです。

 

しかし、宇田川は、冷徹な顔でこう言いました。

 

「まぁ、脚の運動になると思えばいいじゃないですか」

「あなたの場合、脚自体に問題があるわけじゃありませんし」

「歩けば紛れるなら、歩いて下さい。」

「廊下は24時間開放してありますからね」

 

そんな無慈悲な言葉に、千夏は「じゃあ、どうなれば治るんですか!」「病名は一体何なんですか?」と食い下がって聞きます。

 

すると、宇田川は言いました。

 

「僕はね、あなたの場合は病気うんぬんではないと思ってるんですよね」

「あなた自身のものの捉え方に問題があるのではないかと」

「失礼ですが、あなた、精神的に押さないところがあるでしょう?」

 

そうつらつらと私見を述べていく宇田川。

 

さらに、千夏は旦那に依存気質であることや、自分で何とかしようとしない態度であることを指摘します。

 

また、宇田川自身も、精神科として口にするのはタブーとしている「気の持ちよう」という言葉を使いました。

 

そして、最後にこう言います。

 

「あなたの場合、考えを改めない限り」

「ここから出ることは、難しいでしょうね」

 

絶望しかない世界

そんな風に言われてしまった千夏は、もう何も言い返すことが出来ませんでした。

 

それから、千夏は自分を見つめなおすとともに、責めてしまうのです。

 

「私、そんなに人格破綻者なの?」

「精神的に幼い事や、気の持ちようで、ここまでグチャグチャになるものなの?」

 

それから、「考え方」や「物の捉え方」がなっていないという宇田川の言葉を真に受け、さらに責めていくのです。

 

そんなことを考えながら、また苦しくなって、ガクガクと脚が動き出す千夏。

 

もう疲れて眠りたいのに、宇田川に言われるがまま、深夜の廊下をひたすら歩いていくのでした…。

妊娠したら死にたくなった 6話の感想

~妊娠したら死にたくなった 6話の感想~

 

本当、見ていて辛くなるシーンがたくさんあります。

 

今までは回復からの悪化を繰り返していました。

 

今はひたすら悪化ばかりしていくので、救いがないように見えてきます。

 

もちろん、それを乗り越えたからこそ、こうした漫画として完成されているのでしょうが、それでも不安になります。

 

いったい、この辛さをどうやって過ごしてきたのか、次回にも目が離せません…!

 

それでは、次回は7話を紹介していきます。

 

妊娠したら死にたくなった⇒ 7話ネタバレ

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪