不浄を拭うひと 6話 ネタバレ【人間の怖すぎる強欲!?】

不浄を拭う人 4話

沖田×華先生の描く、「不浄を拭うひと」。

今回は6話のネタバレを紹介していきます!

 

今まではちょっとグロ要素もありましたが、今回はまったくなし!

いつもと違ったテイストのお話となっています!

 

不浄を拭うひと⇒全話ネタバレ・まとめはコチラ!

 

不浄を拭うひと 6話ネタバレ

~不浄を拭うひと 6話ネタバレ~

 

特殊素清掃員を務める正人。

そんな正人の元に、今日も1本の依頼の電話がありました。

 

しかし、今日はいつもと違うところがありました。

普段なら依頼主は現場に立ち会ってくれますが、今回は「仕事で立ち合いに行けない」というのです。

 

しかも、依頼主は「なので、ちょっと面倒なことになるかもしれません」と、不安そうな一言を言いました。

 

ただ、正人はそれを聞いても、まったく動じることはありませんでした。

これまで、さまざまな経験をしてきた正人にとっては、多少の面倒ごとなど、なんてことはないと思っていたのです。

 

しかし、この依頼主の不安は、ある意味で的中してしまうのでした…!

 

亡くなったのは40代の若手社長

今回亡くなった人は、アパレル会社を経営していた40代の独身男性でした。

 

社長というだけあって、お金回りはよかったようで、3LDKのマンションに一人で住んでいたようです。

 

最初に社長の死亡に気付いたのは、彼の部下で、連絡が付かなかったのを心配し、直接部屋を訪ねたそうです。

 

ところが、その時に、すでに心不全で亡くなっていたため、こうして正人の出番がやってきたというわけです。

 

幸いな事に、今までのように遺体の発見が遅かったわけではないので、腐敗臭や汚れもまったくありませんでした。

 

なので、清掃と、遺品整理という比較的軽い業務で済みそうでした。

 

ところが、管理会社の対応が遅れ、部屋の鍵を持ってきてもらうまでに時間がかかるようでした。

 

それまで正人は部屋の前で待っていてもらうように指示を受け、それを了承しました。

 

しかし、部屋の前で待っていると、正人に続いて、何人かの見知らぬ女性がやってきました。

 

彼女たちは、「社長の知人です」としか答えず、詳しい素性は分かりませんでした。

 

それを聞いた正人は「(知人が来るなんて聞いていないけど…)」と不思議に思います。

 

しかも、その「知人」と名乗る女性は合計4人も現れました。

彼女たちはすぐにでも部屋に入りたいようでしたが、正人がカギがない事を伝えると、大人しく待っているのでした…!

 

いよいよ社長の部屋が開く!

それからしばらくして、ようやく管理会社の人が、鍵を持って現れました。

 

これで家の中に入ることが出来るのですが、正人は女性たちを向いて言いました。

 

「あの…エントランスで待っていていただけますか?」

 

ハッキリ言って、彼女たちは仕事の邪魔になりますし、知人というだけで、ただの部外者である事には変わりがないからです。

 

しかし、彼女たちは「大丈夫なので気にしないでください」と口をそろえて言います。

 

いっこうに帰る様子がないので、正人は仕方なく言いました。

 

「では、一度私が先に入って異常がなければ」

「みなさんもお部屋に入っていただくという事で…」

 

それを聞いた彼女たちは「わかりました」と了承。

 

素直な返答を聞いて、正人は「話の分かる人で良かった」と安心し、家の中へと入っていくのですが…!?

 

女性たちの目的は!?

ところが、次の瞬間!

正人の忠告を破って、女性たちは正人を押しのけて家の中へと、なだれ込んでいったのです!

 

正人は圧倒され、「いったい何なんですか!?」と声を上げます。

しかも、女性たちは社長が亡くなった寝室に目もくれず、リビングへと向かっていったのです。

 

正人は不審に思いながら、リビングを見にいきます。

すると、女性たちはタンスやキャビネットの中を、いっせいに漁っていたのです!

 

そして、バタバタ、ドタドタという騒がしい音を立てながら、金目の物を次々と発見していきます。

それを、各々のバッグの中へと詰め込み、泥棒まがいの事をしているのです。

 

それを見た正人は「ちょっと!勝手に触らないでください!」と注意しますが、彼女たちは言います。

 

「大丈夫!!」

「これ形見分けなので!!」

「前からくれるって約束してくれたんです!」

 

それを聞いた正人は、女性たちの勢いに圧倒され、「形見…わけ…?」と、その場に立ち尽くしてしまいます。

 

それから依頼主に電話をかけ、「女性達が入ってきて、清掃作業が出来ない」と、連絡を入れます。

 

すると、依頼主は言いました。

 

「あ~、やっぱり入ってきちゃいましたか。」

 

どうやら、この事態をすでに予測していたようです。

 

さらに続けて言います。

 

「社長って、プライベートでも羽振りが良くて…」

「毎日、夜は飲み歩きまくってたんです。」

 

聞けば、どうやらその女性たちは、夜の店で働くホステスという事が分かりました。

しかも、みんな社長が手を出し、家に連れ込んで、遊んでいたそうです。

 

そこで、社長の死の知らせを聞いたホステスたちは、ここぞとばかりに、遺品を手にしようとやってきたというわけでした。

 

その姿は非常にあさましく、奪い合いの醜い争いにも発展していきました。

 

正人はそれを見守る事しかできず、「形見分けには見えないな…」「ハイエナってこんな感じなのかな…」と、思うのでした。

 

それから、部屋に合った社長の写真を見て、こうも思いました。

 

「社長のように、結婚や恋人に縛られず、自由に生きて…」

「欲しいものをすべて、手に入れても…」

「こんなにあっけなく亡くなって」

「残したものはみんな他人に流れていく…」

 

財産と人の欲望

そして、一通りの金品を持って行った彼女たちは、満足したようで、みんな帰っていきました。

 

しかも、最初よりも部屋中は荒らされ、清掃作業も遅れるなど、迷惑極まりませんでした。

 

その時、正人はふと、壁にかかった「ポエム」に目をやります。

正人は「あー”みつを”系好きだったんだ…」と思い、それを読んでいきます。

 

そこには

「いい日もいやな日も寝たら忘れる

ドンマイ ドンマイ」

と書かれていました。

 

すると、正人の背後から、社長の霊の気配を感じました。

 

「オレ、ドンマイドンマイ」

「しかし、まいったなー」

「死んだのもビックリだけど、女の変わりようもビックリだわ」

「マジ結婚しなくてよかったわー」

 

それから「まー、こういう人生もあるでしょ。お互いドンマイドンマイ」と言いながら、ポンと、正人の肩を叩きます。

 

それは本当に社長の霊だったのか、正人の想像なのかは分かりませんが、そんな「ドンマイ」という言葉に、正人はイライラを鎮めていきました。

 

それから、

「人の欲の業と人生観が垣間見えた…」

「貴重な一日だったのかもしれない」

と、振り返るのでした…。

 

~不浄を拭うひと 6話おしまい~

 

不浄を拭うひと 6話の感想

~不浄を拭うひと6話の感想~

生きる上では、お金は必要です。

でも、たくさんあったからと言って、こうして亡くなってしまえば意味もなくなっちゃうんですよね。

 

しかも、稼いだとしても、それを狙うひとたちもいるわけです。

悲しんでくれるわけでもなく、お金しか見ていないような人たちも…。

 

でも、そんなことを考えても仕方がない事ですよね。

 

「良い事も嫌な事も、寝たら忘れる。ドンマイドンマイ」っていう言葉は、まさにその通りかもしれませんね。

 

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪