閏うこの月 (うるうこのつき) 1話から全話ネタバレ!

閏この月

和田依子先生の描く漫画「閏うこの月 (うるうこのつき)」。

今回は1話と2話をご紹介していきます♪

(ネタバレもあるのでご注意ください!)

閏うこの月  1話 ネタバレ

主人公、里には高校時代から付き合っている彼氏がいました。

 

それから里は彼氏と同棲生活を始めるも、結婚の話も何もないまま、かれこれ10年の月日がたってしまいました。

現在、里は28歳になりましたが、彼氏との関係はマンネリで、レスも生じるように…。

 

けれど里は、「私はまだ枯れていない!」と自分に言い聞かせ、何とか彼氏と向き合おうと努力します。

しかし、彼氏の光は、そっけない態度を取るばかりで、里の事を邪険に扱うのです。

 

そんなある日、里はショックを受ける出来事が起こります。

 

里は、勇気をもってホテルに誘ったのに、笑い飛ばされながら、断られてしまったのです。

そこからちょっとしたケンカに発展し、彼氏は気まずくなったのか、1人で去っていきました。

 

一方、里は「そんなつもりじゃなかったのに…」とホテルの前で呆然と立ちすくすばかりでした…。

するとそこへ、1人の青年がやってきて、里に声をかけてきたのです。

 

「お姉さん、ホテルに行きたいなら、俺が一緒に行ってもいいよ?」

見ず知らずの青年が冗談ぽく言うものですから、里は泣きながら激怒しました。

 

けれど、青年は怒らせる気はなく、ホテルの前で1人で立っている里の事を心配したため、声をかけてくれたのでした。

どうやら青年は、すぐ近くのアパレル系の店で働いており、ひとまずそこで落ち着こうという話になりました。

 

そこで里は一息つくと、落ち着きを取り戻し、これまでの身の上話をすべて青年に打ち明けていました。

 

「彼氏の光は作家として成功しているけれど、自分は現在は休職中で、好きな事や、やりたいことが何もないという事」

「自分には何もないからこそ、彼氏に従事するような、”上下関係”が出来てしまっている事。」

しかし里は、「そんな関係を”対等”に変えて、お互いが”プラス”になる関係を築いていきたい、という事」を。

 

そんな話を聞いた青年は、里を「忠実な犬みたい。」「かわいい」と表現します。

そんな「かわいい」という久しぶりに聞く言葉に、里は顔を赤くし、動揺してしまいます。

 

それから青年は、里をカフェに誘い、一緒にお茶をすることになりました。

里は、10年ぶりに男性とお茶を一緒にすることで、緊張と恥ずかしさと、どこか嬉しさを感じていました。

 

それから青年は改めて自己紹介を始め、「俊(すぐる)」と名乗りました。

しかも俊の年齢は22歳でした。

里は、6つも下年という事にショックを受けつつも、俊のほうがリードし、里は年下の女性のように扱われてしまうのです。

 

そんな俊の振る舞いに、里はトキメキを覚えるも、やはり彼氏の事を裏切るわけにはいかないと、踏みとどまります。

それからカフェを後にした2人。

 

けれど、里は俊に付いていくわけでもなく、かといって彼氏の元にも戻る事も出来ず、やはりその場で立ち尽くすしかなかったのです。

俊は、そんな里を置き去りにはできず、「何もないから休憩しましょう」とホテルへと誘います。

里は、「はい」と返事しながら、その優しさと、嬉しさからまた涙を流してしまいました。

 

けれど、いざホテルに入れば、里は気まずさと後悔も押し寄せて、どうしていいか分からなくなってきました。

一方、彼氏の光は、里が帰ってこない事に、疑問を抱くのですが…!?

というわけで、2話に続きます↓

閏うこの月 第2話 ネタバレ

それから一夜明け、里は朝帰りしたことに反省しながら、家に戻ります。

すると、さっそく彼氏の光から「どこ行ってたんだよ」と、質問を投げかけられます。

 

里は「ずっとカフェにいた」と、素っ気なく嘘を言い放ちます。

光は、そんな里の態度を見て「はぁ」「いつまで怒ってんだよ」と呆れていました。

 

光からすれば、まさか里が他の男と一緒にいただなんて、知る由もなかったのです。

一方、里としては嘘をついてしまった事に罪悪感を抱いていました。

 

しかし、そんな矢先に、突然、俊からの連絡が来たのです。

どうやら昨晩、里はホテルにネックレスを忘れてしまい、それを俊が見つけたとの事でした。

そのネックレスを返してもらうために、また2人は再会することになりました。

 

里は「彼とまた会うのは、やましい事ではない」と自分に言い聞かせながら、俊の元へと赴くのでした。

しかし、なんだかんだ里は服選びを入念に行うなど、俊の事を、異性として意識していました。

 

また、俊も俊で、ネックレスの受け渡しだけではなく、映画に誘うなど、自然な振る舞いで里を楽しませようとしていたのです。

 

それから恋愛映画を見た2人は、喫茶店でその感想を語り始めました。

そこで、里は、俊と自分の恋愛観を話す中で、大きな違いがある事を知り、驚きが隠せませんでした。

 

里から見れば、俊は自分の気持ちを優先していて、恋愛に対し自由奔放なのです。

一方、俊から言わせれば、「里は他人の気持ちにしがみついていて、辛そう」に見えたのです。

 

俊から見た里は、彼氏といるのが辛くて、つまらないのに、頑張って関係を取り戻そうと必死なのです。

そんな里に対し、俊は言いました。

 

「手放す勇気がないと、自分がつまらない状態を、相手に責任転嫁してしまう事があるから嫌なんだよね」と。

 

その「責任転嫁」という言葉に、里は自分の思いを巡らせます。

「私は、光との関係が上手く行かないのを、光のせいにしているのじゃないか…」

 

そんな思いつめる里に、俊は優しく諭しながら、こう言いました。

「里と一緒にいてみたい。」「口説いているんだよ。」と、突然告白をするのです。

 

そんな思いがけない告白に、里は嬉しさと戸惑いを感じながら、黙ってしまいます。

それからすかさず、俊はプレゼントのネックレスを里に送ります。

 

里は、「罪悪感で死にそうだよ…」と言いながらも、俊の男性としてのアプローチを受け取るほかありませんでした。

それから2人はいったん別れ、家に帰った里は、ドキドキしながらもらったネックレスをつけようとしました。

 

ところがその時、仕事で打ち合わせ中だったはずの光が現れ「どうしたの、それ?」とネックレスについて尋ねました。

 

里は驚き、とっさに「買ったの!」とまたしても嘘をつきました。

光は「ふーん」と言いながらも、「休職中なんだから、控えたら?」という軽い嫌味を言いました。

 

里は、「そうだね」とだけいい、平静を装いながら、1人で夕飯の買い出しに向かいます。

その道中、光に嘘をついたり、まるで浮気のような事をしている自分を振り返りながら、動揺するのでした…。

 

というわけで、2話はここまでです!

次回は3話をご紹介していきたいと思います!!

 

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA