マンガ「天国大魔境」 1巻 無料ネタバレ

天国大魔境

『このマンガがすごい!』にて、2019オトコ編・第1位を飾った、『天国大魔境』の1巻のネタバレを紹介しています!

また、感想や無料で読む方法もご紹介しています!

 

今すぐ無料で読みたい方はコチラ

天国大魔境 あらすじ

~天国大魔境のあらすじ~

この漫画は、「施設の中」「外の世界」という2つの視点で描かれています。

まずはそれぞれの世界についてご紹介します。

「施設の中」というのは、数名の子供たちと、先生達のいる「学校」の事です。

この学校には、作物の育つ庭園や、小川もあるなど、箱庭といった感じです。

 

さらには科学技術も高く、ロボットがあるなど、近未来的でもあります。

見方によっては「天国」といった所です。

 

しかし、完全に外の世界と隔離されていて、出ることが出来ません。

また、この学校で育った子供たちは、基本的に「外の世界」という概念はありません。

 

ただ、この学校を管理している大人だけは、外の世界の事を知っているようです。

 

一方、「外の世界」は、街や家が崩壊していて、荒廃した世界となっています。

というのも15年前に「大災害」なるものが起こり、大半の人々が滅んでしまったのです。

 

少数ではありますが、生き残った人間もいるようです。

また、外の世界には近未来感はなく、今の日本がそのまま滅んだという感じです。

 

さらに、「ヒルコ(人食い)」と呼ばれる怪物が現れ、人々を襲うなど、「魔境」と化しています。

この漫画は、そんな「天国」と「魔境」という、2つの異なる世界を軸に、物語が語られていくのです…!

天国大魔境を無料で試し読み!

 

天国大魔境 ネタバレ

大体の世界観がつかめたところで、各話のネタバレをしていきたいと思います。

大まかに、1話ごとに「施設パート」と「外の世界パート」の2つで進行していきます。

 

第1話は「施設パート」からです!

天国大魔境 1話 「トキオ」 ネタバレ

~天国大魔境 1話 ネタバレ~

四方が壁に囲まれた学校。

 

校庭には植物やテラスがあり、農作物も豊富にあるため、その寮に住む子供たちは快適な暮らしを送っていました。

そんなある日、子供たちは授業のため、教室へと向かいます。

 

その中で「ミミヒメ」という女子は、授業の前に、壁に阻まれた外を見上げていました。

 

そこに現れた「トキオ」という男子は、ミミヒメに声を掛けます。

 

「何をぼやーっとしているの?」

「授業始まるよ。」

 

トキオがそう言うと、ミミヒメは「うん」と答え、トキオに付いていきます。

 

そして一緒に教室に向かう途中、ミミヒメはこんな事を言いました。

 

「今日はテストがあるよ」

 

しかし、トキオは「今日は普通に授業で、テストなら事前に通知があるはずだろ。」と、ツッコミを入れます。

 

ところが、教室に向かうと、ミミヒメの予言は当たり、案の定テストが行われました。

トキオや他の生徒は驚く中、ミミヒメだけは「ほら」と、予知をしていたのです。

 

そして、全10問のテストがタブレットに表示され、みんなは答案を記入していきます。

これはいつもの授業風景のようです。

 

ところが、その日だけは違ったのです。

トキオのテストにだけ、あるはずのない「11問目」が表示されたのです。

 

 

11問目には、こんなことが書かれていました。

 

「外の外に行きたいですか?」

 

しかし、トキオは訳が分からず、先生に質問します。

 

「最後の問題の意味が分からないんですけど…」

 

ところが、先生も「もう少し具体的に…?」と説明を求めました。

 

そこで、トキオは「外の…」と言いかけながら、もう一度問題を見るのですが、不思議なことに11問目が消えてしまいました。

 

トキオは首をかしげながら、「なんでもありません。」と、気恥ずかしそうにするのでした。

 

 

テストが終わって、教室たちから出た生徒たちは「抜き打ちテスト」に、不満を募らせます。

その時、トキオはミミヒメにこう聞きました。

 

「ミミヒメはなんでテストがあるってわかったの?」

 

するとミミヒメは「わかんないよ、何となく予感がしただけ」と、本人もよく分かってない様子でした。

ただ、今後もミミヒメは「予知」のような能力を使い、様々な出来事を言い当てるのです。

 

でも、それよりもミミヒメは、トキオのテスト中に発言した「外」という言葉に興味がありました。

 

そこでこんな質問をします。

 

「トキオは外がどうなっていると思う?」

 

トキオは、「どうといわれても…」校庭の周りを見渡します。

 

しかし、ミミヒメは「違う。ここの外。」と言いながら、全面に囲まれた施設の壁を指しました。

 

それを聞いたトキオは「ここより外があるの?」と驚きます。

 

それに対し、ミミヒメは冷静に言います。

 

「あると思うよ。」

 

「最近段々イメージがハッキリしてきたの」

 

と言いながら、さらにこう続けます。

 

「僕が外に出たいなーと思っていると」

「外からふたりの人が、助けにきてくれるの」

 

「その一人の顔が、トキオにそっくりなんだ。」

 

※ちなみにミミヒメは「一人称が僕」の女の子です。

 

 

その晩、トキオは寮のベッドに入りますが、寝付けませんでした。

「外の世界」というのものが気になってしかたがなかったのです。

 

そして、ベッドから起きて、「外の外…?」とつぶやきながら、校庭へと、向かいます。

すると、その後ろから「トキオくん」と呼びかける声がありました。

 

トキオはギクッとして、振り返ると、そこには園長先生の姿がありました。

 

 

園長先生は車いすに腰掛けたお婆さんです。

その隣には、スーツ姿の男女が付き添っていました。

 

その時にトキオは、園長先生に、こう質問をしました。

 

「あのう、ここより外って、あるんですか?」

 

思いがけない疑問に、驚く先生たち。

 

園長先生は驚きながらも、「いずれ知ってもらう事です。」と前置きしながら答えました。

 

「ここより外はあります。」

 

それから、こう付け加えます。

 

「ただし、あさましい怪物がうごめく、汚れた世界

「地獄です。」

 

それを聞いたトキオは、再び自室のベッドに戻り、考えこみます。

園長先生の言った「地獄」という言葉。

 

そして、ミミヒメの言った、外の世界からやってくるというトキオの顔に似た人間

そんな事を考えて怖くなったトキオは、震えながら布団に潜り込むのでした…。

 

~天国大魔境 1話 おしまい~

 

天国大魔境を無料で試し読み!

 

 

天国大魔境 2話 「マル」 ネタバレ

~天国大魔境 2話 ネタバレ~

1話は施設(学校)が舞台ですが、2話では「地獄」と呼ばれる世界からスタートします。

 

舞台は日本。

ですが、家や街が破壊されており、道路には草が茂り、人の姿もありません。

そんな滅亡状態の世界を、少年少女が2人で歩いています。

 

少年の名前は「マル」。

実は、マルの顔こそが、トキオにそっくりなのです。

 

そしてもう一人の少女の名前は「キルコ」。

マルよりも年上で、自称18歳~20歳。

 

キルコも実は、ミミヒメと似た顔をしています。

(なぜ顔が似ているのかは、その理由は1巻では明かされていません。)

 

2人は赤の他人ではありますが、マルはキルコを「おねえちゃん」と呼び、慕っています。

そんな2人は、何か目的があって、町中をさまよっていました。

 

しかし、物資も食料も少ないため、空き家となった住宅の中から、使えそうなものを探す事にしました。

そこで、窓を割って入り、部屋の中を物色しますが、トイレットペーパーや歯ブラシくらいしか見つからず、食べ物はありませんでした。

 

仕方がないので、2人は持っていた缶詰を開けて、食事を摂り始めます。

(ただ、キルコが適当な草を混ぜて、かさ増ししたら、激マズになりましたが…。)

 

そんなハプニングもありながら、休めそうな家を見つけて、ソファの上で眠りにつきました。

 

しかし、そもそも、なぜ2人はこの世界を歩いているのか?

また、なぜ世界はこうなってしまったのか?

 

2人の会話の中では「かつて『災害』が起こった事」「生き残れなった人は、ほとんど餓死した事」が明かされます。

 

また、キルコはマルのボディガードとして同行しており、「人探し」をするという目的がありました。

手がかりなのは写真だけで、そこには2人の男性が映っていました。

 

そのうち1人は「親友」と、もう1人は「ちょっと会いたい人」だそうです。

 

一方、マルが旅をする目的は、「ある場所」たどり着くことです。

マルは「一人でも大丈夫」といいますが、キルコは「人探しと一石二鳥だから、一緒にいるのは有意義」という理由で、旅をともにしているのです。

 

しかしまだ「キルコの人探し」「ある場所」についてはあいまいですが、少しずつ明かされていくのです。

そして、この世界には、「ヒルコ」と呼ばれる謎の怪物存在していることも…。

 

 

さて、それから夜が明け、2人は再び街中を歩きます。

しかし、今まではあてもなく、さまようだけでしたが、今度は地図を開きながら「人の居そうな方に行こう」と決めます。

 

「人が集まりそうなところといえば、駅の近くかなぁ…?」

 

そう考えた2人は、とりあえず線路に沿って歩いていくことにしました。

ところが、線路沿いを歩いていると、突然、キルコは殺気を感じました。

 

前方を見ると3人の男、そして後ろには2人の男が現れ、挟み撃ちにされてしまったのです。

男たちは盗賊のような暴徒と化しており、その手には、それぞれ鈍器がありました。

 

そしてキルコを見て「女だ!!」と騒ぎながら「荷物いおいて大人しく座れ!」「天国に連れてってやるからよ!」などと脅しをかけます。

 

しかしキルコは呆れながらため息をつき「せっかく人に会ったのかと思えば、ロクなのがいない…」と言いながら、腰のホルスターから拳銃を取り出します。

 

それを見たマルは「やめときないよ。弾がもったいないよ」と言いますが、キルコは「いや殺す!」と銃口を男たちに向けます。

 

飛び道具を持たない男たちは、「万一当たったら嫌だし、行こうぜ」「どうせ当たらないだろうけどな」などと捨て台詞を吐いて、逃げようとします。

 

ところがその時です。

 

一人の男が言いました。

 

「ちょっと待て、あれ本当に銃か?」

 

その言葉にキルコは、銃をスッっと隠します。

 

それを見た男は「あらっ!急にひっこめたぞ!?」と言い、キルコのはったりだと思い込みます。

 

実際、キルコの銃は一般的なモノではなく、どこかオモチャのような不思議な形をしていたのです。

それに気づいた男たちは、キルコに襲い掛かろうとしますが、キルコは再び拳銃を男たちに向けました。

 

そして、引き金を引くと「ポッ」と光線のようなものが発射されました。

すると、その光線は電灯にあたり、円形の穴が開きました。

電灯はグラっと倒れ、男たちの目の前に「ガガン!」と倒れます。

 

突然の攻撃に驚いた男たちは、立ちすくんでしまいます。

形勢逆転となったキルコは、再度銃口を向けながらこう言います。

 

「よぉ、さっき天国に連れてってくれるとか言ったよな。」

 

「探してたんだ…天国。」

「案内してよ。」

 

そう、実はマルの目的地こそが『天国』と呼ばれる場所の事だったのです…!

~天国大魔境 2話 おしまい~

 

天国大魔境を無料で試し読み!

 

天国大魔境 3話 「キルコ」 ネタバレ

~天国大魔境 3話 ネタバレ~

未来人のようなビームの出る光線銃にビビりまくる男たち。

逆らえなくなった男たちは、「天国」と呼ばれる場所にキルコたちを案内します。

 

しかし、トボトボと歩きながらも無駄口をたたいていました。

 

「すぐに撃たなかったのは、確実に当てるためだったのか…」

 

などと、キルコの恐ろしさを愚痴り始めるのです。

しかし、キルコがすぐに銃を撃たなかったのは、理由がありました。

 

実はこの光線銃(通称『キル光線』)は、スイッチを入れてから撃てるようになるまで、30秒近くかかるという弱点があるのです。

 

だからキルコは時間稼ぎをしていたというわけです、(その分、銃の威力は半端ないのです。)

 

しかし、男たちの無駄口は、それだけでは終わりませんでした。

 

「こいつら、物心ついたときには世界が終わってた、『無法世代』ってやつだろ…」

「俺たち殺されんのかな…」

「こんな世の中になって15年頑張ってきたのに…」

 

と、何気にこの世界の情報を少し教えてくれます。(読者に)

 

一方、キルコ達は、おっさんの泣き言にイライラを募らせ、そのたびに脅しをかけ、さっさと案内を促すのでした。

 

 

一行がようやくたどり着いたのは、廃墟となった病院でした。

 

キルコはマルに尋ねます。

「どう?マル。何かピンと来る事は?」

しかし、マルは「なんにもない」と答えます。

 

もちろん、2人は最初から期待などしていませんでした。

ただ、発電機を発見したキルコは、電池を取り出し、それをフル充電したら帰る事にします。

 

男は、「なんでそんな事してやらなきゃならねぇ…」とキレかけますが、キルコは銃口を目の前に向けて再度脅すのでした。

それとついでにキルコは質問をします。

 

「一応聞くけど、『天国』って場所に心当たりはないかな?」

「この際、『ナントカ天国』っていう名前でも良いんだけど」

 

すると男の1人がいいました。

 

「あんたら、トマト好きか?」

「トマト好きにとっては、天国と言えなくもない話を聞いたことがある」

 

マルは一応トマトが好きなようなので、話を詳しく聞くことにしました。

 

すると、男は「本当にあるかどうか知らないからな」と言いながらも、地図を広げ、説明してくれました。

こうして新たな情報をゲットでき、先ほどの電池の充電も完了したので、2人は立ち去る事にします。

 

その際に男は「何の電池なんだ?それ」と聞きました。

 

するとキルコはこともなげに「この銃の」と言いながら、散々脅しに使っていた銃に、電池をセットします。

 

男たちは目をむいて、「てめぇ!!」「じゃあ、ずっと撃てない銃で脅してたのか!」とブチギレます。

 

そして、「バカヤローッ!」「大人なめるな!」と罵声を浴びせ始めます、キルコは最後に銃口を向けると、たちまちビビります。

 

その姿を見てキルコは「あははは」と笑いながら『トマト天国』を目指して向かうのでした。

 

そんな2人が去っていくのを見ながら、男たちは「クソ度胸だなあの女」と悪態をつきます。

しかし、もう1人の男が言うには、マルが常にキルコの死角を隠していて、襲う事が出来なかったと振り返ります。

なので「武道の心得でもあるのかな…」と男たちから賞されるほど、マルも、ただものではないようです。

 

 

それから場面は切り替わり、内の世界、『施設パート』が始まります。

(ちなみにこの学校でも「トマト」が栽培されていて、1話の冒頭でもそれが描かれています。)

 

さて、あれからトキオは、すっかり『外の世界』が気になっていました。

なので、おなじ子供である「タラオ」という車いすの少年に、外に関する話をしました。

 

タラオは賢いようで、「外」という概念はすでに持っていました。

といっても、「外の世界」という漠然としたものではなく、この施設の中での「入れない場所」についてでした。

 

例えば、「先生たち専用のドアの向こう」や「配膳が下げられていく通気口の中」という具体的な場所についてです。

 

それを聞いたトキオは、「タラオは頭が良いなァ」と納得しながらも「なぜミミヒメは外に行きたがっているのか」が疑問でした。

タラオはふと「トキオはミミヒメが好きなの?」と質問するとトキオは「そりゃまぁ」とだけ答えるのでした。

 

その後、施設での子供たちが様々な出来事が起こりますが、今回の「ネタバレ」では割愛します…。(重要なシーンだけ書いていますので…。)

 

~というわけで3話はおしまい~

 

天国大魔境を無料で試し読み!

 

天国大魔境 4話 「”ヒルコ”①」 ネタバレ

~天国大魔境 4話 ネタバレ~

キルコとマルは、『トマト天国』なる場所を目指して、歩き続けました。

しかし、キルコの体力は限界で、休めそうな場所を探します。

 

そうして歩いていると、何と驚きの場所へとたどり着きました。

そこは「営業中」の「旅館」だったのです。

 

「ウソだろ…!?」「営業してんのコレ!?」と2人が言っていると、「やってるよ」という声が聞こえました。

 

それはこの旅館の女将さんで、こんな世界になっても1人で営業を続けているのです。

「地獄に仏とはこの事だ…」と、キルコは喜んで、お金を支払い、宿帳に名前を記入します。

 

その時、キルコはしばらく宿泊者達の名前をチェックしました。

その理由は、キルコの人探しの為です。

 

しかし、キルコの探している人は見つからず、女将さんに写真を見せても、分かりませんでした。

 

ちなみにその際、写真の男性の1人が「稲崎 露敏(いなざき ろびん)」という名前で、もう1人が「医者・先生」と呼ばれている事が分かります。

 

また、女将さんは天国についても、心当たりはないようです。

しいて言えば、温泉に入ればみんな「天国」と言うそうです。

 

なのでキルコもマルも温泉につかると、まさしく「天国」のような気分になるのでした。

 

 

お風呂から上がり、部屋で髪を乾かしていると、キルコはあるものが目に入りました。

それは、「猟銃」を入れるためのケースでした。

 

すると、女将さんは「怪物が出るからね…」といい、護身用に持っているのだそうです。

それを聞いた2人は「『人食い』『ヒルコ』の事ですか!?」と声を合わせてい言います。

 

なんでも、その怪物は人によって呼び方がまちまちなそうです。

共通するのは、その姿は大きくて、ぐちゃぐちゃとした形で、人を食べる事です。

 

しかも、普通の銃は効かないし、一瞬で人を殺せるほど恐ろしい強さを持っているのです。

 

ですが、キルコは『光線銃(キル光線)』ならヒルコにダメージが入るし、マルなら倒せるといいます。

しかし、女将さんは何も答えず、少しいぶかしげに見つめるだけでした。

 

もちろん、こんな少年と少女に倒せるとは思えないでしょう。

 

でも、2人は泊めてもらったお礼にと、こっそりヒルコ退治をする事に決めるのでした。

 

そして、その晩、本当にヒルコが現れて、そのおぞましく、恐ろしい姿と対峙する事になるのです…!!

~天国大魔境 4話 おしまい~

 

天国大魔境を無料で試し読み!

 

天国大魔境 ネタバレ まとめ

とりあえず1話~4話までネタバレしました。

 

天国大魔境の1巻は全部で1話~7話までが収録されています。

 

果たしてマルたちは『トマト天国』にたどり着けるのでしょうか!?

1巻では、その結末までが描かれています。

 

今回は力尽きたため4話のネタバレでおしまいですが、ご要望があれば、7話までネタバレを追記していきます。(最後のお問い合わせフォームから、ご気軽にどうぞ!)

あと、無料で試し読みも出来るので、そちらもオススメです!

 

天国大魔境を無料で試し読み!

天国大魔境の感想

~天国大魔境の感想~

 

とにかく謎が多いけれど、何気ない会話や、シーンの中から、少しずつヒントを得ていくのが面白いです。

後で読み返すと「あれはこういう意味だったのか」というのが分かると思います。

 

しかし、置いてけぼり感や、意味不明という感じはなく、読者もマル・キルコのように旅を楽しむことが出来ると思います。

崩壊後の日本を自由に歩き回るのは、ロマンがあり、不謹慎でも「少し楽しそう」と思ってしまいました。

 

一方「施設」で暮らす少年・トキオは、何も分からない事ばかり。

そこでトキオが手探りで謎を解き明かしていくのですが、先の展開が気になって仕方がありません。

 

そして、この2つの視点が、どう交わっていくのかも、注目していきたいところです。

 

また、ミステリー要素だけでなく、ヒルコとの戦い方も戦略的なので、バトル面でも大いに楽しむことが出来ました。

 

このマンガがすごい!

このマンガがすごい!web版では、こんな風に紹介されていました。

その1位の授賞した理由がまとめられています。

 

前作『それでも町は廻っている』で優秀なSF作品に与えられる星雲賞を受賞した、石黒正数先生による最新作は、これまで以上にSF感の強い、ファン待望の内容に。

トマト、そっくりな顔を持つ少年少女、謎の記号、絵のとおりの怪物……。

作中にて提示されている謎の数々に、期待せずにはいられない読者たちの熱い支持が、本作を第1位に輝かせました!

引用元:http://konomanga.jp/special/142345-2

 

「期待せずにはいられない…」確かに、その通りですね!

2巻の内容や、今後明かされていくであろう謎についても、期待大です!

 

天国大魔境を無料で試し読み!

 

作品情報

天国大魔境

■タイトル
天国大魔境(てんごくだいまきょう)

■ジャンル
青年漫画・SF・ファンタジー・ミステリー・バトル

■作者名
石黒正数(いしぐろまさかず)

■掲載誌
月刊アフタヌーン

■配信サイト
U-NEXT

まんが王国

eBookJapan

など

石黒正数

石黒正数先生のプロフィールをご紹介します。

2000年に『ヒーロー』でアフタヌーン四季賞秋の四季賞を受賞しデビュー。

『それでも町は廻っている』は第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、『天国大魔境』は「このマンガがすごい!2019」オトコ編1位を受賞。

 

特筆すべきは物語の起承転結がとにかく美しいこと。

どの作品も濃厚なミステリー小説のような無駄のないストーリー構成に、伏線回収と相まって読むものを毎回ハッとさせてくれます。

引用元:https://www.ebookjapan.jp/ebj/content/author/14461/

 

石黒正数先生のツイッターです。

https://twitter.com/masakazuishi?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 

天国大魔境 2巻について

天国大魔境「2巻」の単行本の発売日は2019年3月22日予定となっております。

3巻、4巻が更新され次第、当サイトでも追記していきたいと思います!

 

天国大魔境を無料で読むには?

「天国大魔境」が無料で読めるサイトはあるのかを調べたので、ご紹介します。

天国大魔境のzipは?

さて、まずは「天国大魔境」のzipですが、調べてみたところありませんでした。

しかし、zipでの無料ダウンロードは危険以外何物でもないので、あったとしても、やめておきましょう。

 

最悪の場合、ウィルス感染、不正プログラムでパソコン破損や個人情報抜き取りの危険性があるためです。

 

天国大魔境のrarは?

また、zipと同様にrarもオススメしません。

それでも「無料で読みたい!!」という方は自己責任でお願いします。

 

しかし、天国大魔境をより安全にお得に読む方法がありますので、最後にそちらをご紹介します。

 

1話が無料公開中!

天国大魔境の1話は「モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ」にて、無料公開中です。

 

天国大魔境/石黒正数 第1話「トキオ」

(モアイ公式サイト)

 

1話を全部読みたいという方は、ぜひ読んでみて下さい♪

天国大魔境 の試し読み

「天国大魔境」の2話以降を読むなら、「まんが王国」というサイトを利用します。

まずは公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓「 天国大魔境 」と入力(コピペ)し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、全話の購入が可能です。

 

ちなみに、まんが王国では時々「1巻丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

 

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです!

 

まんが王国トップページ

 

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪