ニートじゃないもん!!~ ネタバレと感想【自称レイブル女の悲惨な末路】

桐野さおり(きりのさおり)先生の描く漫画「アゼン!!今どきのバカ女~ニートじゃないもん!!~」のネタバレを紹介しています!

自分勝手すぎる女の、就職にまつわる顛末が描かれえています。

果たして彼女の運命はいかに…!?

ニートじゃないもん あらすじ

「働く意欲はあるからニートじゃない!」

「自分にふさわしい職場がないだけ!」

主人公の稲本夏美(32歳)は、そう言いながら無職生活を続けていました。

実際、以前は就職も経験してきたし、今でも、いい職場があればすぐにでも入りたいと思っていました。

では、なぜ今は働いていない無職生活なのか…。

それは、彼女の「自信過剰で傍若無人」な性格が災いしていたからです。

しかも、夏美はそんな自分の性格に対して、全くの無自覚。

この漫画では、そんな夏美の自分勝手すぎる生き方の、末路が描かれて行くのです…!!

ニートじゃないもん ネタバレ

現在、夏美は32歳の無職です。

2年ほど前は、就職していましたが、すぐにやめてしまうのです。

そのたびに、転職を繰り返し、現在に至ります。

なぜ、仕事をやめてしまうのかというと、その理由は1つ。

「自分の能力を活かせる仕事じゃないから」

…というのも、夏美は「自分には能力がある」と確信してるのです。

それなのに、会社ではコピーやお茶出しなどの雑用ばかりで、理想とはかけ離れています。

その為夏美は、「もっと私の能力を生かせる職場で働きたい!」などと考え、転職を繰り返しているというわけです。

しかし、そんな夏美の仕事は、結局どこに行っても「雑用」ばかりでした。

自意識過剰すぎる女

ところで、夏美は本当に能力があるのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

例えば、夏美は自分のとって理想の会社に働いた経験もあります。

しかし、働けたのは試用期間内だけであり、本採用はされなかったのです。

その事から、夏美の能力など、高が知れているといえます。

にもかかわらず、夏美は「ホント世の中って上手く行かないわ!」という一言で片づけてしまうのです。

さらに言えば、夏美は雑用を任される事を、「イジメ」と勘違いしていました。

そして決まってこう思います。

「私が仕事のできる女で、しかも美人だから、みんな嫉妬しているのね…」

「だからって、こんなイジメってないわ!!」

つまり、夏美が雑用を任されるのは、すべてが「社員による意地悪」や「嫌な上司」のせいだと思い込んでいるのです。

このように、夏美は自分の能力を買いかぶり、「上手く行かない事は、すべて他人のせいにする」という、身勝手なわがまま女なのです…。

なので、現在無職というわけですが、一応ハロワにも行くし、求人情報誌も欠かさずチェックします。

そんな時、求人情報誌を読んでいた夏美は、ようやく自分に合った仕事を見つけます。

その会社は広告代理店で、「テレビCMの製作」が業務でした。

テレビ関係という仕事なら、まさに夏美にとってふさわしい!

さらに、「プレゼン」や「芸能人と挨拶」といった華やかな業務内容を思い描き、夏美は夢(妄想)をどんどん膨らませていきます。

そして、夏美はさっそくCM会社へと電話をかけ、面接のアポを取ります。

こうして、夏美は「入社間違いなしね!」と確信し、パラパラと情報誌をめくっていきます。

その時、夏美はふと「あるワード」を目にしたのです…。

ニートじゃないもん、レイブルだもん!

夏美が目に留まったのは、「レイブル」という言葉でした。

レイブルとは、「レイトブルーマー(遅咲き)」の略です。

働く意思がある無職者を、ニートと区別するために作られた言葉が「レイブル」というわけです。

夏美はそれを見て「まさに私はレイブルなんだ!」と、強い衝撃を受けます。

こうしてニートや無職にとって代わり、自らを「レイブル」として定義した夏美。

しかし、夏美は「ま、私はここに就職するからレイブルでもなくなるんだけどね」などと余裕をかまします。

ところが、いざその会社に向かうと、夏美は早くもテンションが下がりました。

そこは、雑居ビルに間借りしている小さな会社だったので、夏美にとっては期待外れだったのです。

面接の際も、思ったような仕事ではなさそうだったので、ガッカリでした。

「CM製作」と聞いたのに、業務内容も「営業」などという地味な業務で、夏美は願い下げです。

また、その時、集団面接で、他の女性2人もいましたが、夏美と同じようにガッカリしました。

その2人の女性は20代で、夏美のように「自分にふさわしい仕事」を求めていました。

そして、集団面接が終わると、夏美たちは愚痴をこぼし合います。

そんな流れで「ちょっと3人でお茶でもしませんか?」という提案があり、喫茶店に向かう事になったのでした…!

レイブル仲間登場!

それから喫茶店にやってきた3人は、それぞれ自己紹介を始めていきます。

1人目の女性は梨香と名乗り、年齢は24歳でした。

梨香は、元々新卒で内定をもらっていましましたが、会社の業績悪化により、内定切りされてしまったそうです。

2人目の女性の名前は亮子といい、年齢は29歳です。

亮子は今までやりたいことが見つからず、「自分探しの旅」を続けているそうです。

ちなみに2人とも、バイトで生計を立てて暮らしているそうです。

彼女たちは、夏美と同じく「理想の仕事探しを一生懸命やっているからニートじゃない!」と言い張りました。

それから3人で、世の中に対する愚痴を言い始めました。

「景気が悪いせいで給料が安すぎ!」

「前の世代がバブルで浮かれていたから、こんなことになったのよ」

このように、原因を全て他人のせいにする彼女たちはまさに、夏美と同類でした。

夏美もそう思ったようで「それぞれ境遇は違うけど、同じレイブルよ…!!」と仲間意識(悪い意味で)が芽生えていきます。

こうして、3人はすっかり意気投合し「レイブル仲間」となりました。

その日はメアドを交換して解散しましたが、その後もたびたび集まるようになりました。

そのたびに、居酒屋で「情報交換」と題した「愚痴のこぼし合い」が行われて行きます。

この3人は、やはり「自分への過信」が強く、「実力を発揮させてくれる会社」に固執していました。

もちろん、ニートではないので、口だけではなく、働く気は十分にあり、就活は真面目にやっていました。

特に夏美は、「お母さんを安心させるためにも」という一面もあるため、面接に出向きます。

その面接先は、小さな会社だったので、気乗りはしなかった夏美ですが、面接にはすぐに合格出来ました。

なので、あっけなく就職を決めてしまうのでした。

夏美はその事をレイブル仲間に報告すると「おめでとう!」とか「先を越されて、焦っちゃう」という言葉をもらいます。

ところが、夏美が働き始めてから10日後…。

再び夏美のわがままがさく裂するのです…。

変わらない性格

夏美はいつものように、お茶くみを頼まれます。

夏美は一応「はい」と返事はしますが、心の中では「またお茶くみ…!?」と、イライラを募らせていきます。

しかも、若い女性社員はたくさんいるので、「なんで私ばっかり…」という不満もありました。

そこで夏美は、給湯室でお喋りをする女子社員を見つけ「暇なんだったらお茶運ぶの手伝ってくれない!?」と注意します。

ところが女子たちは「え、私たちこれから会議なんですけど…」と言います。

しかも、ただの会議ではなく、彼女たちによる「プレゼン」も行われるようでした。

それを聞いた夏美は愕然とします。

「(プレゼン…!?こんな大学出てまだ数年の女子社員が…!?)」

それに引き換え、夏美に与えられた仕事は、誰でもできる雑用…。

今日は発注伝票を元に、商品の梱包を依頼れました。

そして、夏美は、段ボールに荷物を積めつつ、泣きながら思います。

「この私に、運送屋みたいなマネをさせるなんて…」

「ひどいっ…なんてひどい会社なの!?」

こうして、プライドをずたずたにされた夏美は、またしても会社を辞めました。

そして、またレイブル仲間と集まり、その経緯を伝えます。

「とにかくバカらしくて勤めてられない!」

「ちょっと計算ミスしただけで、すごく叱るのよ!」

「たった一桁数字間違えただけなのに!」

夏美は、そうして叱られたことを「ひどいイジメを受けた」と喚きます。

さて、そんな夏美の様子を見たレイブル仲間は、「あ…っ(察し)」と、何かがおかしい事に気が付きました。

しかし、なおも夏美は「”お局”の私が目障りで早く辞めさせたいんでしょ」と愚痴が止まりません。

その時、レイブル仲間が「お局」を誤用している事を指摘すると、「じゃあ美人の私への嫉妬かしらね!」と言いきり、もう手が付けられませんでした。

こうして、仲間内で少しずつ距離感が生まれ、物語は1年が経過していきます…。

ニートじゃないもん 結末

1年たった今でも、相変わらずレイブル仲間は集まっていました。

少し変わったのは、夏美以外の2人が就職に危機感を持ち始めていたことです。

主な理由は、親たちからのプレッシャーでした。

そのため、以前よりも就活に対し勤しむようになっていきます。

その甲斐あってか、2人は何とか就職を決めることが出来ました。

ただ、2人とも妥協はあったようで、「興味のない仕事」であったり「給料も安い」という悪条件だったりします。

それでも「今度ばかりはちょっと頑張ってみようかと思うの」と、決意を新たにするのです。

しかし、夏美はそんな2人の話を聞いて思いました。

「(ふん、そんなこと言って…)」

「どうせ1か月ももたないわよ…」

「(私のように10日でやめるのがオチだわ)」

ところが。

そんな夏美の意に反して、2人の言葉はどうやら本当のようでした。

それから半年たった現在も、2人は順調に仕事をこなしていたのです。

確かに、最初は興味が無かったり、仕事でのミスもありました。

しかし、続けているうちにやりがいを感じたり、前向きに取り組むようになっていったのです。

でも、夏美と同類だった彼女たちが、どうしてここまで変われてたのか…!?

その理由は2つありました。

1つは親たちのプレッシャーが大きかったこと。

そして、もう1つは夏美のおかげだったのです。

つまり、夏美の傍若無人っぷりが反面教師になって、2人の目を覚まさせたのです。

そして、そんな2人は忙しい今でもたまに会う仲でした。

もちろん、そこには夏美の姿はありませんでした。

夏美は未だに定職に就かず、いつまでたっても変われずにいるのです。

しかし、夏美は未だに「仲間」だと思っているので、2人に連絡をよこしてきます。

もう2人とは住む世界も違い、夏美は1人取り残されている事に、気づいていないのです。

なので、2人はそんな夏美を「レイブルさん」と呼び、相変わらず「反面教師」として付き合ってあげているのでした。

「たまにレイブルさんの話を聞くと、初心に戻れるし」

「甘い考えじゃ、社会人になれないってことも改めて痛感するし…」

「それにしてもレイブルさん、いつまでレイブルやる気かしらね?」

そして最後にこう締めくくられてこの漫画は終わります。

「レイブルなんて都合のいい言葉…」

「結局ニートと変わらないんじゃない…ねえ?」

ニートじゃないもん 感想

~ニートじゃないもん の感想~

「レイブル」という言葉を盾に、「ニート」であることを正当化して、プライドを護るという、人間の弱い心が巧みに描かれていると思います。

また、職業をえり好みする無職の人へ、警鐘を鳴らす内容だったともいえます。

なんとなくリアリティもあるし、就職する気があるのに、就職できない人の心理をついていたのではないかと思います。

「自分にふさわしい仕事他にあるはず!」

「もっと能力を発揮したい!」

と思った事がある人は、割といるのではないでしょうか。

もっとも、そうは思っても、仕事は続けないといけない時もありますよね。

むしろ、そんな簡単にやめられないからこそ、頑張っているわけで…。

そして、頑張りを辞めると、夏美のように置いてけぼりにされてしまうのが現実なんですよね。

というわけで、30ページという短いお話しながら、結構考えさせられる面白い漫画でした!

 

 

 

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪