ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編 1話② ネタバレ 【上昇志向の強い女!】

mamiriko hen

池田ユキオ先生の描く漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編」。

今回は1話の中編のネタバレを紹介しています!

まみりこ編⇒1話ネタバレはコチラ!

ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編 1話②のあらすじ

「大食い食レポ動画」で人気の配信者まみりこ。

でも、まだまだライバルの「ウィーチューバー」には勝てません。

なので、ウィーチューバの祭典、「ウィー祭り」でも、ただの観客でしかありませんでした。

自分が舞台に上がるためには、「100万人以上」のチャンネル登録者が必要でした。

それには遠く及ばないまみりこは、「まだまだ足りない」と、自分を奮い立たせていきます。

「もっと上を目指すんだから」

「”あの子”みたいに…」

”あの子”とはいったい誰なのでしょうか!?

そして、そんなまみりこの元に突然、声をかける男性が現れて…!?

ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編 1話②ネタバレ

ウィー祭りで、突然、まみりこに近づいてきた男性は言いました。

「まみりこさん。」

「会いたかった!」

「いつも見てますよ!」

まみりこは、その相手を見て思います。

「え…この人ってたしか…」

超有名のIT社長の新田潤(にったじゅん)!?」

新田は、ゲームやアプリのヒットメーカーで、「ネット界の寵児」と呼ばれています。

さらには、イケメンなので、女優やモデルからもモテモテという、勝ち組中の勝ち組です。

そんな事を、まみりこは一瞬で考え、「新田社長がなんであたしに…?」と質問します。

すると新田は言いました。

「社長なんてやめてよ」

「実は僕、まみりこのファンなんで。」

「LIME交換してくれる?」

それを聞いたまみりこはドキドキして、一気に舞い上がります。

「ウソ…」

「アタシこの大物に」

「狙われてるーーーー!?」

連絡先を交換した後、社長は次の仕事があるため、去っていきます。

その去り際に「今度ウチにおいでよ。連絡待ってまーす」と気さくに言うのでした…!!

まみりこと社長の狙いは…!?

まみりこは、腹黒いので、邪悪な笑みを浮かべて、こう思いました。

「”新田社長の彼女”なんて…」

「チャンネル登録者数、激増でしょ♪」

彼女は「売名上等!」を承知の上で、すぐに社長の経営する会社へと赴きました。

そこで、再び社長と会い、話をしていくまみりこ。

彼女はいつものように、ぶりっ子して、「わ~すっごいオシャレですね~」と、会社の内装を褒めていきます。

しかし、そんな風に装っていながらも「いつでもチャンスは逃したくないので」という、野心をちらつかせます。

それを見た新田社長は言います。

「僕の目に狂いはなかったようだな。」

「君が欲しい。」

それを見たまみりこは「(来た来た!)」とニヤニヤします。

しかし、新田が「欲しい」といったのは、あくまで仕事の上の話でした。

というのも、新田は、独自の”動画配信アプリ”の開発者でもあるのです。

そこで、「まみりこも、そこで配信を始めてくれないか」、という話でした。

まみりこは、それを聞いて少しがっかりしました。

新田の作った動画配信アプリは「タイムズテーブル」通称「T・T」と呼ばれています。

まみりこも、その存在は知っていました。

とはいえ、「T・T」では、モデルや俳優など、元々存在感の強い人たちが猛威を振るっている世界です。

なので、まみりこは、「わたしだと、埋もれちゃうかな~って」と言いながらやんわりと断りました。

内心では「配信場所ムダに増やしても、視聴者バラ消させたら意味ないし、やんないやんない」と、呆れていたのです。

さらには、「あ~あ、”新田社長の彼女”っていうキラーワードが欲しかったのに…」と意気消沈です。

しかし、そんなまみりこに、新田社長は新たな提案をもちかけるのです…!!

まみりこの心変わり

新田は言いました。

「僕の”PUSH(プッシュ)”をつけてもダメかな?」

PUSHとは、新田の「推しチャンネル」という意味でした。

つまり、新田の独断で、「トップページに載せるチャンネルを決めることができる」のです。

という事は、視聴回数も格段に伸びるし、他の企業の目にも留まりやすくなります。

しかも、新田が言うには、「僕のPUSHで、TVCMやドラマの出演をゲットしたタレントもたくさんいるよ」との事。

そんな「TVCM」という言葉を聞いたまみりこは、先ほどの態度とは一変します。

さらに、新田は「君なら僕の”PUSH”にふさわしい。人を惹きつける配信をしてくれるだろう。」「どうかな?」と尋ねます。

ところが、まみりこが答えを言う前に、思わぬ邪魔が入ってくるのです…!

女同士の闘い!

まみりこが返事をする前に「待ってください!新田社長!」という声が聞こえてきました。

そこに現れたのは、「ママサークルの集団配信者」でした。

彼女たちもT・Tを利用していて、「私たちもプッシュしてくださーい」と、まみりこの会話を邪魔をし始めたのです。

そのチャンネルの名も「キラピカママチャンネル」。

すると、その代表を務める「古谷聖子」という女性がまみりこに近づき、話しかけてきました。

「もしかして、まみりこさん?わぁ可愛い~」と言って、名刺を渡してきます。

その名刺には、「起業家」という肩書がついていました。

なんでも、古谷に限らず、このママ集団は、「ネイルサロン」やら「ハンドメイド」など、何らかの経営者との事でした。

そんな彼女たちが今日、ここにやってきたのは、新田社長に挨拶をする為でした。

それから聖子は、今後の意気込みを語っていきます。

「子育て中のままって本当に忙しいから」

「ネットをみるくらいが唯一の息抜きなんです。」

「そんなママを応援して、役に立つようなチャンネルにしていくつもりなんです。」

そういった後、まみりこの方をチラッと見て、言います。

「ライブ配信って、若い人のひまつぶしだけにしては、もったいないと思います。」

「だらだらしたトークだけとか…」

大食いとか?

それを聞いたまみりこは「ピクッ」と反応して睨みつけます。

しかし、新田社長はそんな争いを気にする様子もなく、「期待していますよ、キラピカママチャンネル。」と、応援のメッセージを送ります。

それを聞いて、ママたちも大喜び。

ところが、そんな様子をみて、まみりこは言いました。

「え~でもぉ…」

「ママはあんまりスマホに夢中になって欲しくないかなぁ…」

「だって危ないじゃないですか~~」

「赤ちゃんを抱っこしながらスマホって…」

そんな発言をすると、ママたちは途端に大激怒!

「何よあなた!」

「子育てのこと、何も知らないくせに!」

こうして、まみりことママチャンネルには確執が生まれてしまい…!?

ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編 1話②の感想

~ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編 の感想~

なかなか最初から複雑な展開を見せてくれます。

まみりこの過去、親友のちえとの関係、新田社長の思惑、ライバルのママチャンネル…。

そして、まみりこの目標とする「あの子」とは…!?

次回は1話のラストを紹介していきます!

ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編⇒1話③ネタバレ

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪