夫の扶養から抜け出したい 6話 ネタバレ 【すれ違っていく夫婦】

huyonuke

ゆむい先生の描く漫画「夫の扶養から抜け出したい」。

今回は6話ネタバレを紹介しています!

 

夫の扶養から抜け出したい

プロローグはコチラ!

夫の扶養から抜け出したい 6話のあらすじ

ももこは、夫のつとむの存在が、もはや負担でしかありませんでした。

 

「もし、このまま一緒にいれば、精神的に限界を迎えてしまう…」

 

そう考えたももこは、衝動的に、不動産屋へと駆け込んでいきました。

 

しかし、専業主婦では入居の審査が通るわけもなく、アパートすら借りれないのでした。

 

そんな現実を思い知ったももこは、自分の無力さを痛感します。

 

それとともに、「このままではダメだ!」と自分を奮い立たせるのです。

 

こうして初めて「自立心」が芽生えたももこ。

 

しかし、そう簡単に事は進むわけではなく、今日も子育てに追われて行くのでした…!

 

夫の扶養から抜け出したい 6話のネタバレ

主婦は辛いよ!

今日は、息子のたるとくんの乳幼児健診の日。

 

それだけでも大変ですが、町内会費の集計、市役所での保育園相談、郵便局での用事と、やる事がたくさんありました。

 

ももこは、あれこれ考えながら、予定を組んでいきます。

 

それから、乳幼児健診に向かうと、そこは「地獄絵図」という言葉がふさわしいほどの場所で、絶えず子供が走り回ったり、喚き声が響いていきました。

 

また、検診が終わっても、食育や、トイレのしつけの指導を受けるなど、かなりの時間を拘束されてしまうのです。

 

それらがようやく終わった後、ももこは「つ、疲れた…。時間の経過が早すぎる」とため息をつきながら思いました。

 

さらに、この後もスーパーにも行くのですが、そこでたるとが駄々をこねて、大泣きするなど、またもや大変です。

 

すると、スーパーでは「プレミアムフライデー特別企画」と題して、催し物が開かれていました。

 

そこでは輪投げ豪華賞品が当たる、というものでした。

 

たるとは輪投げにすっかり機嫌を良くして、しかも景品を当てる事に成功したのでした。

 

…さて、そんな慌ただしい忙しい1日を送ったももこ。

 

その一方で、次は、つとむがどんな1日を過ごしたのかが描かれて行きます…!

 

夫も辛いよ!

一方つとむは、月末の忙しい中でも、段取りよく、仕事を片付けていきました。

 

「よし!今月中には何とか間に合いそうだ!」

 

そう思って意気揚々と仕事に取り組んでいくつとむ。

 

すると、後輩からこんなお誘いがありました。

 

「先輩、今日プレイミアムフライデーなんで、どっか飲みに行きません?」

 

つとむも「お!いいね!」とすっかり乗り気になり、ももこに「晩飯はいらないです」とメッセージを送りました。

 

そんな順調なつとむでしたが、突然、上司から呼び出されてしまうのです…!!

 

どっちも辛いよ!

上司はつとむに、突然言いました。

 

「この書式、間違ってるから全部直しとけ」

 

つとむは「(え!?いまさら!?)」と愕然とします。

 

その書類は、前任者が残したデータをもとに作ったもので、上司からの指示通りに作ったものでした。

 

なので、つとむにほとんど落ち度はないのです。

 

しかし、上司はネチネチ、クドクドと30分以上無駄な説教を始め、つとむはイライラしていきます。

 

さらに、これだけに収まらず、上司は付け加えるように言いました。

 

「あ、それから例の調査報告書、月曜までに用意しておいて」

 

つとむは「(…は?)」と、その言葉の意味を理解するまで、一瞬固まってしまいました。

 

そして「(それ、金曜の16時に言う事かー!?)」と、ブチギレ寸前でした。

 

「残業するのが前提の仕事を振りやがって!」

「何がプレミアムフライデーだ!!」

 

口には出さないものの、つとむは怒りながらデスクに向かって、作業を進めます。

 

そんなつとむの姿をみた後輩は、「手伝いましょうか?」と、声をかけました。

 

つとむは「いや、いい…、これは僕の仕事だから」と、遠慮します。

 

しかし、後輩は「無理しないでください」と言って、飲みに行く代わりに、遅くまで残業に付き合ってくれたのでした。

 

プレミアムフライデーなんて…

こうして、2人とも、大変な1日を過ごしてきました。

 

ボロボロに疲れて帰って来たつとむは、テーブルの上にあった景品を見て言います。

 

それは、今日、たるとがプレミアムフライデーの輪投げで手に入れたものでした。

 

それを聞いたつとむは「はぁ、主婦は楽しそうでいいよね」「本当羨ましい」とため息をついていうのでした。

 

それを聞いたももこは、カチンと頭にきます。

 

「(私の辛さを知らなくせに…)」

 

そこで、つとむの「今日は晩飯入らない」というメッセージを思い出し、「あなただって、飲み会で楽しんで来たでしょ?」と指摘します。

 

つとむはムっとしたけど何も言わずに、こう思います。

 

「(僕の辛さを知らないくせに…)」

 

こうして2人は、またさらにすれ違っていくのでした…。

 

~7話に続く~

夫の扶養から抜け出したい 6話の感想

自分が忙しいからと言って、相手が暇にしているとは限りませんよね。

 

特に、主婦への禁句である「楽でいいよね」という言葉もサラっといっちゃうのはいかがなものか…。

 

もちろん、つとむの大変さも分かりますが、ももこの大変さも理解してあげてもらいたいものです。

 

その一方で、つとむの忙しさを考えれば、家事を頼むのも引け目を感じます。

 

う~ん、やっぱり難しい問題ですねぇ…。

 

まとめ

「夫の扶養から抜け出したい」6話のネタバレについて紹介しました。

 

次回は、ももこの育った家庭環境が明らかになります!

 

夫の扶養から抜け出したい⇒7話ネタバレ

夫の扶養から抜け出したい 7話 ネタバレ 【拭えない父親の記憶】

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪