美醜の大地 30話 ネタバレ【敏江に利用されるサチの運命は!?】

美醜の大地

藤森治見先生の描く漫画「美醜の大地」。

今回は30話ネタバレを紹介しています!

 

美醜の大地前回までのネタバレはコチラ⇒25話~29話ネタバレ

 

美醜の大地 29話までのあらすじ

~美醜の大地、前回までのあらすじ~

 

サチの目の前に、突如現れたハナ。

しかし、もうハナはサチに復讐する気はありませんでした。

 

なぜなら、サチは、今までの罪を悔い改めていたらからです。

そして、サチとハナは「お互い様」という事で和解することが出来たのです。

 

それから、サチは、人を殺してしまった罪を償うと言います。

そして、自首するために、1人で警察署に出向き、「生き直すんだ」と決意を新たにしました。

 

ところが、その時。

 

「どこいくの?」という声が聞こえました。

 

それを聞いて、サチはゾっとしました。

 

そう、その声の主は、敏江だったのです…!

 

美醜の大地 30話ネタバレ

敏江はサチをにらみつけ、なじるようにいます。

 

「あんた、何しようとしているの?」

「まさか警察に行って、全部ぶちまけて…」

「自分だけ逃げだそうと思ってんの?」

 

その言葉にサチは「そうよ!」と言い返します。

そして、強気に「もうあんたなんかの言いなりにはならない!」と断言します。

 

しかし、敏江は言います。

 

「へえ…」

「”つくし苑”だっけ?」

 

その言葉に、サチは愕然とします。

「つくし苑」は、サチの息子が預けられている孤児院なのです。

 

それから敏江は言います。

 

「サチ、もし逃げ切ろうって魂胆だったら…」

「あの孤児院、火事で焼けちゃうかもよ?」

 

こうして、今までのように息子を人質に取られてしまうサチ。

当然、息子を最優先に考えるため、またしても敏江の脅しに屈してしまいます。

 

なので結局、自首することをやめ、敏江に言われるがままついていくのでした…。

 

ハナを想う栄一

一方、ハナがサチをみすみす自首させたことは、今後の復讐に影響が出ます。

もし、警察に出頭した場合、事態が明るみになる可能性があるからです。

 

栄一はハナにこう質問します。

 

「出頭を止めなかったのですか?」

「こちらも不利になるかもしれないのに?」

 

ハナは「ええ」と答え、まだ余裕がある事を説明します。

そして、「私を見つけ出すことは容易じゃないわ」と言い切るのです。

 

それから栄一は、サチが本当に自首したのかを探る事にします。

一方、ハナは「少し遠出するわ」「今のうちによく見ておきたい場所があるの」といって、1人で出ていくことに。

 

こうして復讐チームはそれぞれの場所へと向かいます。

 

その時、1人になった栄一はハナの事を想います。

最初はハナを、「同じ敵を持つ同志」として近づき、隙あらば「ハナを利用する」とまで考えていた栄一。

 

ところが、今ではハナの気持ちを考えるなど、惹かれ始めていたのです。

栄一は、そんな意外な自分の心の気持ちに、戸惑ってしまうのでした…。

 

高島津家の事情

その頃、清次郎は人里離れた一軒家に、身を隠していました。

 

その時、清二郎も、ふと一人で物思いにふけっていました。

主に絢子とその家族について、考えを巡らせて行きます。

 

実は、清二郎は絢子の家族とは1度しかあったことがないのです。

しかも、先日、爆破事件があったにも関わらず、様子を見に来るそぶりすらないのです。

 

ふつう、娘の危機を知れば、親や兄弟たちが飛んで駆けつけてくるもの…。

ましてや大金持ちの令嬢とあれば、犯人を見つけるために血眼になってもおかしくはありません。

 

だからこそ、清二郎は、疑問を持っていたのです。

そこで清二郎は、高島津家の使用人を呼び止め、絢子の家族について質問しました。

 

しかし、使用人も本家の事情は詳しくないようです。

ただ、分かった事は、絢子が女学生になるころに、母親を亡くしている事でした。

また、兄弟もいるようですが、絢子が1人で住んでいた高島津家には、誰一人尋ねたことはなかったようでした。

 

清二郎はそれを聞きながら、絢子の言っていた言葉を思い出します。

 

「籠が焼け落ちてしまったのが嬉しいの」

 

もし、あの家が綾子を閉じ込めている籠だったというのなら、なぜ絢子はそんな目に合わされなければ泣かなかったのか…。

 

そこで、清二郎は、絢子の家族について探るべく、奉公人の加也にスパイを命じるのでした…。

 

落ち込む綿貫の復活!?

さて、綿貫といえば、ずっとふさぎ込んでばかりでした。

何一つ解決できないし、進展もしないままいます。

 

なので、事務所で悶々としながら「もう引き際かもしれないな…」と、諦めようとするのです。

 

すると、その時、先輩の布施が差し入れに「新聞紙にくるまれた焼き芋」を渡しました。

綿貫は元気をもらい、「ごちそうさまです!」と気合を入れなおし、とりあえず食べる事にします。

 

その時です!!

新聞をはがした時に、そこに書いてある「ある記事」が綿貫の目に留まりました。

 

そこには「小石川菜穂子という女性を捜しています」という文言が「探し人」の欄に載っていたのです。

その依頼主は、「敏江勤めていた温泉旅館」でした。

 

「敏江」と「菜穂子」についての繋がりを認識し、ハッとなる綿貫。

 

そして綿貫は、「そうだ、俺はもっと原点を知る必要がある」と立ち直ります。

そして、改めて「菜穂子」について調べようと決心し、その旅館に問い合わせの電話を入れるのでした…!

 

美醜の大地 30話のラスト

最後は敏江とサチの場面に切り替わります。

2人は山奥の廃屋に身を潜めていました。

 

険悪なムードが流れているなか、敏江は言いました。

 

「ねぇサチ」

「裏切ろうとしたことは、今回だけは許してあげるわ」

「でも2度目はないわよ」

 

その言葉に、大人しく従うサチ。

もちろん、敏江の為に従うのではなく、息子を守るためでした。

 

しかし、本当に息子を守るためには、ある決意をしなければなりません。

 

そしてサチは思います。

 

「(もうこの女は、私の知っている敏江じゃない)」

「(道を行き直すためには…)」

「(踏み外した原因を排除しなければ…)」

 

敏江に視線を向けたサチの手元には、こっそりとナイフが握られていたのでした…!

 

そして、最後のシーンでは、ハナが1人で向かった先が描かれていました。

果たしてその場所とはいったい…!?

 

美醜の大地 30話の感想

~美醜の大地 の感想~

登場人物たちの考えや思いが徐々に交錯していく展開でした。

それとともに話も複雑さを増していくので、ネタバレも上手く書けているか心配です。

 

最初読んでいた時は、痛快な復讐劇でしかないと思っていたのに、これは予想外です。

こんなにもサスペンス要素も増え、読みごたえも増していくとは…。

 

でも、次回とかで敏江とサチの決着がつくかも?しれませんね!

絢子の秘密や、その家族関係なども明かされていって欲しいと思います!

 

というわけで「美醜の大地」30話のネタバレについて紹介しました。

次回は31話を紹介していきます!

 

 

 

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪