死刑宣告された賢女が嫌われ王子に溺愛されて、幸せになるまでの物語・中編 あらすじとネタバレ画像

死刑宣告された賢女が嫌われ王子に溺愛されて、幸せになるまでの物語・中編 あらすじ

無実の罪で投獄され、死刑宣告された賢女アリエナ。
かつての幼なじみであり、今は『酷薄公』として自国民からも恐れられる王子シメオンから
死刑免除の取引を持ちかけられる。それは彼の子供を妊娠する事。
生きるためにアリエナは取引を了承する。
そうして地下牢で王子に抱かれる日々が始まったのだが……。

ふとした事がきっかけで、シメオンの足は牢から遠のいていた。
長引く冬、足りない兵の数、いつ来るか分からない襲撃の緊張、王のそばに近づく異国の傭兵たち…
そして死刑が間近に迫るアリエナ。
それらの存在がシメオンを苦悩させる。
そんな時、兵卒のひとりが持っている人形が彼の目に留まる。

「王子のヒバリ人形と言います。アリエナが子供たちに作り方を教えているんです」

それはかつて彼がアリエナに作り方を教えた、い草でできたヒバリの人形。
幼い頃の記憶と人形を抱えて、シメオンは久しぶりにアリエナの地下牢に訪れる。

一方、異国の傭兵アダンは混乱が続く国王ドライデンに近づき、アリエナの処遇について一案を持ちかけるが…

https://www.dlsite.com/girls/work/=/product_id/RJ01138653.html

死刑宣告された賢女が嫌われ王子に溺愛されて、幸せになるまでの物語・中編 無料画像

続きはこちら⇒死刑宣告された賢女が嫌われ王子に溺愛されて、幸せになるまでの物語・中編

オススメ漫画

朝霧〜高貴な閨の指南役〜