ハルとアオのお弁当箱 無料で読む方法とネタバレ感想

ハルとアオのお弁当箱

まちた先生の漫画『ハルとアオのお弁当箱』のネタバレを紹介しています!

また、感想や結末、さらには無料で読む方法もご紹介しています!

今すぐ無料で読みたい方はコチラ

 

ハルとアオのお弁当箱 あらすじ

~ハルとアオのお弁当箱のあらすじ~

 

図書館に勤めるオタク女子・ハル。

アニメやゲームが大好きな彼女は、充実したオタクライフを送っていました。

 

ただ、その一方で食生活や、人付き合いの方は雑です。

ハルはそれでもいいと思っていたけれど、周りの人からは「寂しい人」扱い。

 

そんなハルは、ある日行きつけのお店で「オネエ」の男子・アオに出会います。

2人は飲みながら話をしているとすっかり意気投合!

 

さらに、出会ってから「ルームシェア」の話まで出てきちゃいます!

しかも、ハルもアオも乗り気になってしまいました。

 

そして、オタク女子オネエ男子による共同生活が、始まろうとしていました…!!

 

無料で読む方法はコチラ

 

ハルとアオのお弁当箱 ネタバレ

~ハルとアオのお弁当箱の1話 ネタバレ~

 

主人公、木野春葉(きのは はるは)。通称ハル。

年齢は27歳の、ゴリゴリのオタク女子です。

 

部屋の中はフィギュアやアニメのポスターだらけ。

そんな自分の大好きなものに囲まれたハルは「一人でずっとここにいたい」「一人でずっと包まれていたい」と思っていました。

 

しかし、オタク女子であるがゆえに、辛いこともたくさんあるのです。

特に今日は色んな事があって、ハルは思い切りため息をつき、1日を振り返るのでした。

 

ハルの受難

それは、図書館の仕事で、受付をしている時の事です。

1人の若い女性客に声をかけられ、こんな風に言われたのです。

 

「なんで~いつも制服みたいな服なんですか?」

「白シャツとネイビーのスカート」

 

ハルはいきなりの事に戸惑いながらも、当たり障りないよう答えます。

 

しかし、内心では「(毎朝何着るか悩むの嫌だもん~その分夜更かししてアニメ見てゲームしたいもん~!)」と思っているのです。

 

さらにその女性はこう続けます。

 

「えー服もだしー、髪もダメですよ!」

「服とかメイクとか~可愛くするとすげぇアガリますって!」

 

もちろんハルがオシャレに気を遣わないのは理由がありました。

その分のお金があるなら、円盤(DVD)とかCDとか課金したいからです。

 

しかし、そんなハルの事情などお構いなしに、一方的にダメ出しされてしまうのです。

やがて、ハルは「(何の話だ?)」と状況が訳が分からなくなります。

 

とどめの一撃は27歳?! 結構いってるんですねっ!」という言葉でした。

それから、その女性は友達と合流し、何事もなかったかのように去っていきました。

 

取り残されたハルは「暇つぶしに(言葉で)ぶん殴られた…!?のかな?!」と納得しようとするのでした…。

 

ハルは幸せ!?

さて、そんなショッキングな出来事もありましたが、お昼の時間になりました。

先ほどの女性客のせいで体力が半分ほど削られましたが、ハルは公園のベンチで休憩します。

 

ハルはゼリー飲料を片手に、スマホを取り出します。

そのスマホをチェックすると、アニメや漫画の新作情報や舞台化など、楽しいニュースばかり!

 

これを見てハルは「(生き返るうぅぅ!)」「(ひとりのお昼休み幸せぇぇ~~)」とご満悦です。

ところが、そんなハルの前に、同僚の女性が現れて声をかけてきました。

 

「あれ!木野さん!」

「お昼?ここで一人!?」

「やだ~~さみしいじゃん!」

「かわいそうやだ~~!」

 

などと、またしても一方的にまくし立てられます。

ハルは再び戸惑いますが、同僚たちはさらに「ランチに一緒に行こうよ~」誘ってきました。

 

もちろん、ハルはやんわりと断ります。

加えて、楽しいひと時を、変な気分にさせられてしまったハルは、すっかり意気消沈するのでした…。

 

1人は寂しい!?

今日はそんなこともあって、自宅に帰る途中、ハルは考え込んでしまいました。

 

「(一人でご飯って寂しい??)」

「(お昼休み、一人で好きなことが出来て、幸せなのに…)」

 

そうです、ハルは好きな事をして、オタク趣味を全力で楽しんでいるのです。

でも、そう思っているはずなのに、今日言われた言葉を思い出してしまいます。

 

「さみしいよ~」

「かわいそう…」

 

そんな言葉にハルは、「私って、変なのかなぁ…」と、悲しい気持ちになってきます。

そう思って帰路をたどっていると、ハルはあるお店の前に来ていました。

 

そこはハルの行きつけのダイニングバーでした。

ハルは「(元気出る?行っちゃう)」と考えながら、入る事にしました。

 

そして店に入ると、店長の女性が「おー春ちゃん、久しぶり~」と気さくに声をかけてきました。

ハルもあいさつをして、席に突こうとすると、美しい顔立ちのお客さんがカウンター席に座っていました。

 

そのお客さんを見てハルは「(美人だ…っ)」「(そしてリア充感あふれる佇まい)」と警戒します。

なので、そそくさと、そのお客さんの1つ飛ばした席へと座ります。

 

そしてハルはいつもの「あっまーいケーキ」「ハイボール」を一杯を飲みます。

そのおいしさにハルは「(しみる…なんか元気出てきた…)」と、幸せをかみしめます。

 

普段なら食べ終わった後、もう一杯ハイボールを飲むのですが、今日は3杯・4杯と、お酒が止まりません。

少し心配になった店長は、「今日は飲むねぇ、どうしたの?」と心配して声を掛けます。

 

そこで酔いも回ったハルは、今日思った事を洗いざらい喋りだします。

自分がオタクであることや、趣味が大好きなこと。

(もちろん、店長はハルがオタクだという事も知っています。)

 

それからお昼休みに言われた「さみしい」とか「かわいそう」という事。

そして、一番気になるのが「自分は変なのか」という事です。

 

しかし、ハルは最後にこう言います。

 

「変でも…、『こういう人もいる』って思ってくれたらいいのに…」

「あなたにとっては変でも、生きる力なんですー」

「言えないけどっ!」

 

そんなハルの愚痴を隣で聞いていた美人はこういいました。

 

「言えばいいのに」

「私はこれが好きなの 楽しいのよ~って」

「僕なら言っちゃう」

 

ハルは、そのハスキーな声や「僕」という言葉を聞いて、疑問符が浮かびました。

すると、店長は慌てて「あれ?ふたりって初めてだった??」と言いながら、お互いを紹介します。

 

「こちらのオタクが春葉(ハル)ちゃん」

「このオネエが蒼(アオ)くん」

 

つまり、ハルが「美人」と思っていたのは、男の子(オネエ)だったのです!

こうして2人はお互いに挨拶をかわし、乾杯をするのでした。

 

ハルの悩み

ハルは、赤ら顔のまま、今度はアオに口こぼします。

 

「三次元は、クソオタクには向いていないス」

「わたし多分、この世の中といまいち相性良くないんです。」

 

と言いながら、さらにお酒を飲むハル。

 

それを聞いたアオは「でもほら、僕みたいな、こんなオネエも元気に生きてるしさぁ」と明るく励まします。

しかしハルはこう言いました。

 

「何言ってんですか!あなたは美人だし、立ち振る舞いも素敵だし」

「うまく言えないけど、なんかとっても良い!!

「だから、『こんな』なんて言っちゃいけません!」

 

その言葉にアオも少し嬉しく思い「ハルちゃんもクソオタクなんて言っちゃだめよ!」と、力強く言うのでした。

 

いきなりルームシェア!?

さて、そんな風にお互い励まし合う2人ですが、話は「アオの部屋探し」についての話題になります。

実はアオは、最近拾った子猫がいるのですが、猫OKの物件が見つからず困っていました。

 

そこで店長は「自分の店の2階が空いている」とすすめます。

しかし、その部屋は2LDKなので、アオは「1人で住むには大きい」といって、断ります。

 

ところが、ふとハルの顔を見て、こんなことを言いました。

 

「ハルちゃん、ルームシェアする?」

 

ルームシェアなら家賃も安く済むし、お互いお得です。

とはいえ、いきなりの提案なので、普通なら即決は難しいです。

 

ところが、ハルは酔っているせいか「楽しそう~する!と迷いなく答えます。

 

そして前途を祝して、再度乾杯する2人。

ところがその翌日、ハルが自室で目を覚ますと、そこには何故かアオの姿があって…!?

 

お酒の勢い

ハルはだんだん昨日の記憶を思い出しました。

ハルは酔った勢いで、アオを自宅に誘い、そこで2人は一泊したのです。

 

すると、朝になってアオは早起きし、ご飯を用意していてくれたのです。

そのご飯はとても美味しいようで、ハルは感動で涙を流しながら食べました。

 

その際、アオは「ルームシェアの件」についても触れました。

アオは本気でルームシェアをするつもりでいます。

 

しかし、ハルは、お酒の勢いとはいえ、軽はずみな言動をした自分を後悔します。

なので、「すみません、やっぱり、ひとりがいいです…」と謝るのでした。

 

アオは少し残念な表情を浮かべますが「そうだよね~おっけ~」と言葉を返しました。

というわけでルームシェアの件はなくなり、アオは自宅に帰ろうとします。

 

その間際に、「あ!」といい、ハルにあるものを渡しました。

それは、アオの手作りのお弁当だったのです。

 

手作りのお弁当

ハルは、アオが去っていったところで「いつもの日常に戻ろう」と思いました。

また、お弁当をもらいつつも「ゼリーでいいんだけどなぁ」と心の中でつぶやきました。

 

ところが、お昼になって、お弁当箱をあけると、そこにはぎっしり、おにぎりやおかずが詰め込まれていました。

それを見たハルは「お~」「わぁ~」と感動します。

 

おかずのラインナップは、カリカリ梅とゆかりのおにぎり、お出汁の効いた卵焼き、パリパリのウィンナーなどでした。

ハルは、そんなお弁当の美味しさと、作ってくれたアオの気遣いに感謝をするのでした。

 

お弁当の交換

そして、家に帰ったハルは、調理場に立って、何やら考え毎をします。

その翌日、アオの住むアパートの前で待ち伏せします。(店長に住所を教えてもらった。)

 

それから、家から出てきたアオに、お弁当のお礼を言います。

素直に、美味しかったことや、幸せな気持ちになったこと、そして何より元気になったこと。

 

まっすぐなハルの言葉に、アオも照れながら笑います。

するとハルは、「あの…嬉しくて、お返しがしたくて…」と手作りのお弁当をアオに渡しました。

 

これは、普段料理をしないハルが、生まれた初めて作ったお弁当なのです。

これにはアオも驚きながらも、嬉しさでいっぱいになりました。

 

そして最後にアオは「ねぇ、やっぱりルームシェアしてみない?」と提案するのでした。

またしてもハルは戸惑いますが、果たしてどうなる事やら…??

 

~ハルとアオのお弁当 1話おしまい~

 

無料で読む方法はコチラ

 

ハルとアオのお弁当箱 感想

~ハルとアオのお弁当箱の感想~

意外な2人の出会いと、意外な展開!

ただ「普通」とは違った生きづらさを感じているところは、共通点なのかもしれません。

 

しかし、ハルは「引け目」を感じているのに対し、アオは「明るい」という対比になっています。

 

でも、そんな二人がお弁当交換をきっかけに、「お互い、幸せにしあえる」という関係になっていきます。

読んでいると、私も「お弁当が食べたい!」「作りたい!」と思ってしまいました。

 

何気ない料理ですが、「相手の事を考えて作る」というだけで、意味合いも大きく変わってきます。

もっとも、手作りのお弁当なら、どれも気持ちがこもっていますよね。

 

そういった大切なことにも気づかせてくれる、心温まる漫画です!

 

1話のレシピ

この漫画では、1話の終わりごとに、料理のレシピが1ページで掲載されています。

1話ではアオの作った「カリカリ梅とゆかりのおにぎり」のレシピです。

 

材料は白ゴマ少し・ゆかり・種を取って粗目に刻んだカリカリ梅、の3つだけ!

それを全部ご飯と混ぜて握るだけで、あら簡単!

 

シンプルだけど懐かしく、美味しいおにぎりの完成です!

2話、3話…と簡単で美味しいレシピが載っているので、料理好きな方も必見です♪

 

作品情報

ハルとアオのお弁当箱

 

■タイトル

ハルとアオのお弁当箱 

■ジャンル

青年漫画・女性漫画・ヒューマンドラマ・料理・日常

■作者名

まちた

■配信サイト

U-NEXT

eBookJapan

まんが王国

など

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪