すぐ泣く女に機関銃 1話 ネタバレ 【腹黒アラフォー女子に起こった悲劇】

すぐ泣く女に機関銃

和田依子(わだよりこ)先生の描く漫画「すぐ泣く女に機関銃」

今回は第1話のネタバレ紹介していきます!

すぐ泣く女に機関銃 あらすじ

主人公のOL・本村杏は、献身的な性格で、「あなたの為に」と日頃から頑張っています。

 

しかし、本当のところは、他人に対する不満や言いたいことを抑えているだけで、我慢しているに過ぎないのでした。

 

そんな彼女は、はたから見れば「優しい女性」です。

しかし、その代わりに内心では人を見下すという、腹黒い一面もあるのです。

 

でも、本人はそんな腹黒い自分を認めたくなくて、悪口を考える時は、「悪い人じゃないんだけどね。」と必ず予防線を張っていました。

 

そんな彼女の人生は、楽しい事も特になく、退屈な事ばかりでした。

唯一の楽しみといえるものは、付き合ってから8年にもなる彼氏と、いつか結婚する事だけでした。

 

ところが、そんなある日、彼女の日常を崩壊させる出来事が起こり始めるのです…。

すぐ泣く女に機関銃 1話 ネタバレ

36歳を過ぎたアラフォー女子、本村杏。

 

見た目はゆるふわ系で可愛く、自他ともに認める「優しい性格」をしていいます。

 

例えば、アラフォー同士の女子会では、みんなが旦那の悪口の言いますが、杏はまったく言いわないのです。

 

一応、杏はまだ未婚という事もありますが、なにより彼氏の事が大好きなのです。

 

なので、女子会から帰った杏は、その日の出来事を、彼氏にこう話しました。

 

「みんな悪い子じゃないんだけどぉ」

「なんか逆に気の毒って感じだった~」

「わたしだったら、旦那様の悪口なんて言わないのになぁって」

 

それを聞いた彼氏からも「杏は優しいもんなー」と言われました。

 

しかし、杏が彼氏に求めているのは、そんな言葉ではありません。

 

内心では「いつになったらプロポーズしていくれるの?」と、彼氏との結婚を促しているのです。

 

しかも、彼氏とは同棲中なのに、このごろずっとレスの状態。

 

彼氏はいつものように「今日はごめん」と謝りながらも「落ち着いたらグアム行こうな」という約束をチラつかすのでした。

 

杏の退屈な日常

さて、そんな杏の生活ですが、本当は我慢や退屈の連続でした。

 

杏は、OLとして会社に勤めていますが、いつも愚痴を考えてばかりでした。

 

決してそれを口に出す事はしませんが、同僚や上司、部下について、思う所があるのです。

 

そんな杏は、どこか「上から目線」でもあり、内心では他人を見下していたのでした。

 

しかし、「悪い人じゃないんだけど…」というフレーズを使い、少しフォローすることによって、その腹黒さをひた隠しにしているのでした。

 

さて、そんな腹黒い杏ですが、彼氏との旅行を楽しみに頑張り、ストレスを我慢を続けます。

 

ところが、そんな杏に悲劇が起こります。

 

ある日、彼氏は趣味である車の部品を、ネットオークションで落札してしまったのです。

 

その車の部品は、とても高額で、グアムに行く資金がなくなるほどでした。

 

それに対して怒った杏は、彼氏を問い詰めます。

しかし、彼氏は逆ギレし、「俺だってストレスたまってんだよ!」とか「俺が頑張って稼いだ金なんだしさ!」と、言い放つのです。

 

それから2人はケンカになり、杏は1人でトイレに閉じこもって涙を流します。

 

もちろん、その涙は、旅行がダメになった事も理由の1つです。

 

それでけだなく、「このままだと結婚資金も貯まらないじゃない…」というのも大きな理由でした。

 

その後、彼氏は反省しますが、「今度埋め合わせするから」と、場当たり的な解決方法を提案します。

 

そんな彼氏に対して、杏は思いました。

 

「どうしてもっと真剣に考えてくれないの?」

「一体いつプロポーズしてくれるの?」

「いつになったら私、このつまらない日常から解放されるの…?」

 

その「つまらない日常から解放されたい=結婚したい」というのが、杏の本心なのでした。

 

嫉妬するアラフォー女子

そんな杏に、さらに追い打ちをかけるような出来事が起こります。

 

それは、同じ職場のOLであるヒグチが、プロポーズを受けたというニュースでした。

 

それを聞いた杏は思います。

「なんであの子はプロポーズされたのに、なんで私は…」と。

 

杏は嫉妬心を覚えながらも、昼休みになり、昼食を取る事にします。

その際、杏は、新卒のOL・小津とご飯を食べる事にしました。

 

小津は眼鏡をかけたオタク系女子で、いつも1人でいるような子です。

なので、ゆるふわ系女子な杏とは、タイプが全く違いました。

 

そんな小津とは、先ほどのヒグチの結婚の話題になりました。

その際、小津は、ヒグチの結婚相手が「49歳の男」という事を告げます。

 

ヒグチは25歳なので、いわゆる「年の差婚」というやつです。

 

その話を聞いた杏は、「なーんだ」と、内心で安堵を覚えます。

プロポーズをされたといっても、相手は50近くのオジサン、となれば、杏の「見下し」が発動!

 

杏は急にベラベラと饒舌になり、つい、ヒグチの悪口を言ってしまうのです。

 

「うーんわたしだったら、いくら焦ってても、その年の差で結婚は、無理だなぁ」

「相手の人もさぁ、よく彼女選んだよねー」

「人の好みって、人それぞれなのね~」

 

しかし、そこで小津は、ギロっと冷たい目で杏を見つめます。

それに気づいた杏はハッとして、慌ててフォローします。

 

「あ、ほらだって、ヒグチさんて、すぐ『えー』とかいうし」

「結婚して生活するってなったら、大変よねぇ」とごまかします。

 

一方で杏は、心の中ではこう思っていました。

「(違うの、今のは違うの)」

「(わたし、あんな子をひがむみたいな、惨めな人間じゃないのに)」

 

そして、「もちろん、悪い子じゃないとは思うけど…」と、いつものようにフォローします。

 

が、小津はそんな杏の態度に対して、キッパリと言います。

 

「あなた、”悪い人じゃないけど”って言いますけど」

「それってすでに悪口ですよね」

「そんなの、悪口言ってる自分を良く見せようとするための、ただの枕言葉ですよね」

 

その言葉に、杏は衝撃を受け、何も言えなくなりました。

 

そして、さらに小津は言います。

 

「昼になると、私の隣の席に来ますよね」

「”私のため”、みたいな顔されるの、正直キモいです。」

 

実は杏は、普段1人でいる小津を、勝手に「みじめで可愛そう」と見下していたのです。

だから、「私が一緒にいてあげなきゃ」と、よく小津の隣でご飯を食べていたのでした。

 

しかし、それを小津に指摘された杏は、泣きながら言います。

 

「私、せっかく”あなたのため”にって思ってやっていたのに!」

「そんな風に言うなんて、ひどいよぉ…」

 

そんな女々しくて腹黒い杏を、小津はこう評しました。

 

「あなたを見てると、この人は何のために生きてるんだろって思いますよ」

「毎日毎日つまらなそうな顔して」

「なんで毎日つまらないか、教えてあげます。」

 

「あなたがつまらない人間だからですよ」

 

そんな風に断言されてしまった杏は、絶望の表情を浮かべるのですが…!?

すぐ泣く女に機関銃 1話 感想

優しそうな性格なのに、他人を見下している主人公の杏。

その本性は、嫉妬深さと腹黒さをもった、なかなかの食わせものです。

 

しかし、本人は全くその自覚がないのが、面白いです。

「あなたのために」とか、「やってあげている」という親切心や、「悪い人じゃないけど」という言葉を使う事によって、正当化しているからです。

 

こういった、悪人になり切れない人、あるいは良い人を演じようとする杏に、リアリティを感じざるを得ません。

 

そんな杏に対し、後半から、小津さんの手厳しい発言が、どんどん飛び出してきます。

アラフォーなのに、新卒の後輩にここまで言われてしまった杏は、いったい何を思うのでしょうか?

 

第2話も気になるところです!

 

すぐ泣く女に機関銃⇒2話ネタバレ!

漫画を無料試し読みする方法

今回ご紹介した漫画は、「まんが王国」で配信中です!

無料で試し読みも出来るので、その方法を最後にご紹介します!

まずは、まんが王国公式ページをタップします。

まんが王国公式ページ

 

次に、検索窓で「漫画のタイトル」を入力し、検索します。

 

すると、漫画が表示されるので、無料試し読みが出来ます♪

 

まんが王国公式ページ

ちなみに、まんが王国では「1話丸ごと無料」など、さまざまなキャンペーンを行っているので、お得に読むことが出来ます。

気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです♪